戦略とマーケテイング

カルツォーネを「孫子」で分析する②

【カルツォーネ】はレストランHICOの看板メニューになりうるか?徹底分析。

孫子は戦う前にまず、その戦はしていいものなのかどうか5つの要素で考えろといいます。それが、

「一に曰く道、二に曰く天、三に曰く地、四に曰く将、五に曰く法」

昨日は<道>と<天>について考えました。(⇒その記事)

目的は、≪100年続くレストランを創る≫です。そのために、核となるメニューとして候補に挙げた「カルツォーネ」で本当に勝負していいものかどうなのか、しつこいくらい考えなくてはなりません。

なぜなら、その判断次第では敗れることもありうるからです。敗れるとは、100年持続しないということ。下手をすれば、事業に失敗して、食べていけなくなるかもしれない、家族を養えないかもしれない。

「兵は国の大事なり。死生の地。存亡の道なり。」

まさに生きるか死ぬかの戦です。

地の利。他の誰も追随できないほどの強みはあるだろうか?ということ。自らが守るには易いが、他が攻めるには険しいところへ立てるか・・・?

まず立地です。

考えているのは、東京の郊外でありながら、ちょっとした観光スポットもあるところ。武蔵野市、立川市、八王子市あたりを考えています。

なぜか?理由はいくつか「考え」があるのですが、ここでは多くを語りません。カルツォーネを売りにした場合さらにそれを強みとする「地の利」とは?という条件で、考えます。

レストラン×アウトドア

カルツォーネは、石窯で焼こうと決めています。理由は、一般の家庭では本格的な石窯は中々設置できないのと、400度を超える超高温で焼き上げるので、調理時間は2~3分で済むこと。また、焼き上げる際にはライブパフォーマンスを演出できます。

一番の狙いは、レストランとアウトドアとの融合です。

ヨーロッパでは庭に石窯を設置して、外で食事を楽しむ人も多い。確かに、美しい景色を見ながら、豊かな自然の中で食べた方が何でも美味しいですよね。

いま、グランピング(グラマラス・キャンピング)がブームです。風呂やトイレ、ソファ、ベッドなど、ホテル並みの設備を整えてある豪華なキャンプスタイルですが、石窯で焼いたカルツォーネをそうした環境で楽しめるようにしたいと考えてます。

相乗効果をどれだけ狙えるか?

<地>の概念はとても難しい。考えれば考えるほど、あれもこれもと足し算したくなります。でも、ちょっと待て、、、掛け算じゃないと、望むような成果は出ないんじゃないか・・・?

私は魚の流通の源流で学んできた経験もあり、魚料理も売りにしたいと考えていました。もちろん、まだ捨てたわけではないのですが、カルツォーネと掛け算になるだろうか、、、と考えると疑問です。これがたとえば、海の近くで店を構えるなら、いいかもしれない。それもいい。ただ、カルツォーネと魚介料理の店?お客様はどう思うだろう。ちょっとインパクトにかけますよね。私は確信が持てない。

やっぱり、やるなら「カルツォーネ専門店」の方がわかりやすい。魚は私の強みでもあるので、看板にしないまでも、料理に取り込んだら良い。

いずれにしても、カルツォーネを食べるのに理想的な環境は?という視点で、景観や、建物、音楽、カトラリー、メニューに至るまで考えていけば、HICO独自の空間は作っていけると思います。ここをどれだけ考えられるかで、容易に真似されないレベルまで近づけるはず。

高級ワインも楽しめる洗練されたカルツォーネ

カルツォーネは安売りするつもりありません。美しい景観と上質な空間で楽しんでいただき、高級ワインのお供としても成り立つほど、質の高い品質にしたい。

それには、商品開発です。

カルツォーネはレストランでもテイクアウトでも、そして通販でも販売していきます。そうした道を作っておかないと、行き詰まる可能性がある。この開発をとにかく推し進め、ノウハウを積み重ねていくことで、さらに優位に立てると考えています。

>>>カルツォーネを「孫子」で分析する③へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。