サービス哲学戦略とマーケテイング

お土産を工夫する

完全予約制だからこそ出来る1to1サービス

わざわざ足を運んでくれたお客様に感謝を込めてお土産を渡そうと思っています。それも中途半端なものではなく、本気のお土産。生産性や効率を考えれば、通販で販売しているものの応用がいいかなと思いますが、必要とあらば、お土産のためだけに作ります。コース料理の最後の一品と捉えて良いくらいです。

いま考えているのは、看板料理であり、通販のメイン商品でもあるカルツォーネ。これのプチサイズを作って、バリエーションを揃えたらどうだろう?と思索中です。たとえば、仮想ストーリー『未来予想図Ⅱ』でカップルに渡したように、ハート型のチョコレートパイ風カルツォーネとか。

子供さん用には、ミートソースを入れたカルツォーネも喜んでもらえそうです。翌日の朝食になれば、親御さんも助かるでしょう。HICOでのひと時をもう一度、思い出してくれるかもしれません。

年配の方には、おやき風のカルツォーネなんかどうでしょう。漬物など入れても面白いですよね。他にもマッシュポテトを入れてコロッケ風、カスタードクリームを入れてシュークリームのようにしても良い。いくらでも作れます。

メッセージカード

お土産は、普通のビニール袋で渡すのではなく、通販でも使用するきちんとした梱包を用意します。レストランHICOのロゴや店名を印字して、パッケージデザインはイメージコンセプトであるアウトドアのワクワク感を演出します。石窯をモチーフにしても良い。

そして、メッセージカードはぜひ添えたい。すべて直筆で、ご縁をいただいた感謝を込めたい。読む方もたいへんなので、一言、短くて良いと思うのです。レストランHICOが大事にしているのは、「縁」「感謝」「仁愛」ですから、きちんと行動で示さないといけません。

ネーミングとストーリー

もうひとつ、工夫したいのはネーミングとストーリーです。HICOで提供するのはほぼすべてが創作カルツォーネ。独自のネーミングをつけさせてもらいます。たとえば、チョコレートを練りこんだハート型のカルツォーネは「Calzone Felice」(幸せなカルツォーネ)。これはカップル用に仮で考えてますが、いずれにしてもお土産をもらう人達が感じ入る名前をつけます。

ストーリーも欠かせません。もらって嬉しいお土産だけではまだ普通すぎます。ちょっとした感動をプラスアルファする。メッセージカードの裏面に、たとえばQRコードを記載しておき、お客様に読み込んでもらうと、HICOのホームページに飛びます。そこにそのカルツォーネの物語があるわけです。

なぜそれを贈るのか、贈り手の想いや願いが表現さていたり、どんな場面で食べてほしいのか、どういう風に感じてほしいのか、それを直接的でなく感覚的に伝わるように物語を作ります。興味をもってもらえれば、HPの他のページも見てくれるかもしれません。通販にもつながる可能性もありますし、よりお客様との関係を深めることができます。

1to1サービス

以上のことは、完全予約制であれば、グッと深いサービスが可能になります。事前にお客様の情報はある程度わかっているので、準備ができる。男性にはコレ、女性にはコレ、という画一的なものでなく、お客様一人一人のことを知った上で、これを差し上げたい!と思うものを、お土産にします。

若いカップルであっても、すべての若いカップルがチョコレートのカルツォーネを好むわけがない。中には野沢菜が大好きなんですよ、という方もいるかもしれない。それならおやき風だっていいわけです。

人と人との付き合いと相手の立場に立って考えた時の人間的な判断のもとでやるので、ロボットにはできないことです。こうした積み重ねがHICOの独自性となり、100年続く仕組みの礎になるはず。そう考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。