戦略とマーケテイング

吉祥寺付近の飲食店リサーチ

立地候補②吉祥寺付近のリサーチ

吉祥寺は古くからある街です。高尾に比べると、様々なお店があり、レストランを開業した場合、同じ飲食店という意味では競合店が多くなる。中でもお客さまが比較対象とする可能性がある飲食店を留めておきたいと思います。

ちなみに吉祥寺に、吉祥寺という寺は所在していません。1657年に起こった、江戸時代の大火事『明暦の大火』で焼け出された吉祥寺門前の住人が移住してきて村を作ったそうです。

●?clat(エクラ) さん

上質な雰囲気のフレンチです。顧客の支持も高そうです。

●トラットリアチッチョ さん

吉祥寺で人気のイタリアンだとのこと。明け方3時くまで営業しているという。そういう需要もあるのですね。

●肉山 さん

有名店です。予約困難だそう。

●吉祥寺三うら さん

伊万里牛をはじめ上質な素材を使った、丁寧な仕事を感じさせるお店です。

●A ESPIRITROMPA さん

石窯パンとガリシア(スペイン)料理が売りみたいです。手作りっぽい石窯がユニークで温かみがあります。

●BUCA さん

イタリアの郷土料理が得意だそうです。個人的にもイタリア郷土料理は好きなので行ってみたいですね。HICOでも提供したいTボーンステーキがおすすめだそうです。

●CG さん

ここはかなり本場にこだわったナポリピッツァだそうです。ナポリピッツァとの差別化は別の項でも書きたいと思いますが、まず材料から変えていきたい。ナポリピッツァと名乗るには、色々決まりごとがあります。それは大事だと思いますが、型通りでは差別化できません。考えをまとめ、いずれ書きます。

●ビストロハッチ さん

フレンチに、炭火焼きを融合させたお店です。新しい試みをされているので、一度うかがってみたいです。吉祥寺ナンバーワンの人気店と豪語する人もいますね。

●ボナペティ さん

こういう温かみのあるフレンチはどの地域でも永く続けているお店が多いですね。

●マザーズ さん

「街の資産になる店」を目指す、とありました。このビジョンは素晴らしいですよね。HICOも理念としては近い部類です。もっと美味しく!もっとお客様の為に!という目先のことを強調するお店は多いですが、それを聞いてお客様はどう思うでしょうか?街の資産になるお店を目指すという方が、好感がもてます。

吉祥寺エリアの特徴

こうしてみると、高尾より店舗数は抜群に多いですね。食べログの平均点数もかなり高めです。もちろん、食べログの評価はごくごく一部の評価ではありますが。

それと、特徴的なのが客席数です。ほとんどの店が20-40席。小規模のこだわりある飲食店が目立ちます。フレンチ、イタリアンなど洋が多いですね。有名店も名を連ねます。高尾山付近とは真逆といっていい傾向です。人が集まる目的が異なるとこうも変わるものですね。

吉祥寺で長く仕事をしている友人がいます。話を聞くと、飲食店に限らず、アパレル、美容室などサービス業の入れ替わりはとても激しいとのこと。

ワインや料理で差別化をしようとするのは、困難でしょう。サービスもありきたりでは埋もれてしまう。HICOのイメージコンセプトは他のどのお店ともかぶらず、目立てるとは思いますが、土地代のリスクが大きそうです。

HICOの場合は特に、お腹を満たすことだけが目的ではありません。近いイメージは、ちょっと高級なバーベキューをしに行く感覚です。食べる以外の楽しみをどれだけ作れるかがHICOの独自性になってくるでしょう。

それには吉祥寺という場所は、昔から憧れ、気になる土地でしたが難しいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。