理念とコンセプト

HICO=カルツォーネ専門店?

最もコンセプトを表現する店名とは・・・

これまで、立地ごとの飲食店、通販サイト、カルツォーネ専門店。足を運ばずしてリサーチできるところを進めてきましたが、ひとつの矛盾に気付きました。

HICO=カルツォーネ専門店?

まだ仮でしたが『カルツォーネ専門店HICO』と考えていました。ただ、先日、「HICOにとってカルツォーネは核メニューですが、コース料理の一品のひとつであり、お客様を楽しませる要素のひとつでしかない。」と書きました。そう言っておきながら、カルツォーネ専門店では、コンセプトがお客様に伝わらないのでは?と思ったのです。HICOがどんなお店なのか、表現しきれていません。

通販ではそれで良いと思うのです。リサーチした結果、通販ではカルツォーネ専門店はなかったですし、販売するのはカルツォーネがメインです。

でも実際のレストランでは、名前をもう少し考えた方が良い。

候補

頭の中ではいくつか候補があります。

①溶岩焼とカルツォーネの店HICO

②アウトドアレストランHICO

③完全予約制レストランHICO

④石窯×バーベキュー HICO

⑤溶岩焼と石窯料理HICO

⑥レストドアHICO

⑦石窯レストランHICO

100年持続させるのが目的であり、時流によって変えなくてはならないこともあると思います。だから絶対ではない。コンセプトがわかりやすく伝わる方がマーケティングの見地からいっても良いと思います。でもそれ以上に、思いを込めたいんですね。

なぜ、その店名なのか・・・?

HICOの目的は『100年持続するレストランを創る』こと。お客様には「あのレストランすごく楽しかったよね」と、1年たって思い出してもらえなければ失敗。できれば一生記憶に残るレストランにしたい。その為に、アウトドアの要素をコースに取り入れた参加型のレストランにしようと決めたのでした。

ありきたりかもしれませんが、やはり、求めるのは笑顔。人の一生のうちで、美味しく楽しい記憶は人生を豊かにするし、幸せにする。これはどんな時代でも普遍的な価値ではないでしょうか。人の幸せに貢献するのがすべての仕事の本質的な価値。そう思います。

あまりごちゃごちゃ考えずに、シンプルに『HICO』で良いのかな。。。

まだ決められません。とりあえず、どんなお店かが明確になるので『溶岩焼とカルツォーネの店 HICO』にしておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。