開業準備

自宅でワインを楽しむススメ

多様なコンテンツを用意する

≪自宅でワインを楽しむススメ≫というコンセプトのページを作ろうと思っています。別のサイトを立ち上げようかとも思いましたが、のちのちカルツォーネを通販することも考えて、HICOのサイト内に作ることにしました。

副次的なページとはいえ、内容はかなり濃くしようと思います。シニアソムリエとしてレストランでの経験があるからこそ作れるコンテンツを充実させます。せっかく興味を持ってHICOのサイトを訪れてきてくれたのに、ありきたりの情報サイトやネットショップと肩を並べても仕方ありません。

というのも、『溶岩焼とカルツォーネの店HICO』はまだOPENしていないにも関わらず、平均して毎日30人前後の方がこのホームページを見てくれているようです。身の回りにはほとんど知らせていないので、これはとても嬉しい。(検索エンジンでも、実際に運営している既存の店舗よりも上位に表示されるとか!)

毎日欠かさず、黙々と更新している奮闘記の当初の目的は、自分自身に対しての忘備録と決意表明でした。自分との約束だったのです。こんなに早く、人に見てもらえるとは思っていませんでした。ただ、いずれこの記録が、起業したい人や、借金を返済して這い上がりたい人など誰かの役に立てればと思っていました。

話がそれましたが、サイトを訪れてくれた人にとって、役に立つ情報を届けなきゃ、失礼ですよね。だから「HICOのページを訪れてくれる人にとって興味があること、知りたいこと、役に立つこと」をコンテンツとして増やしていきます。

どんなコンテンツにするか?

さて、≪自宅でワインを楽しむススメ≫のページでは、どんなコンテンツを用意するか?ただ単に、おすすめワインを紹介するだけでは面白くありません。また、脈絡なければ、わざわざHICOで紹介する意味もないでしょう。

考えているのは「ピザに合うワイン」に絞って、徹底すること。それはもちろん、カルツォーネを通販するときの為です。実際に、ピザのネット通販しているお店のものを紹介しながら、それにベストなワインを提案する。

そのカテゴリーが充実してきたら、次は「パスタに合うワイン」。続けて「オードブルに合わせるワイン」。と広げていきますが、まずはピザに合うワインを集中的に提案します。

ソムリエを目指す方へ

もうひとつ考えているのは、ソムリエ/ワインエキスパート資格を目指す方へ、というコンテンツ。ワインエキスパートというのは、ソムリエと同等の知識レベルを持つ一般資格。資格取得を目指す方に実践してもらえれば必ず合格する方法を伝えます。

シニアソムリエになると一筋縄ではいきませんが、ソムリエレベルなら、3か月毎日1時間勉強すれば通ります。

こうしたコンテンツを充実させて溶岩焼とカルツォーネの店HICOをただのレストランホームページでなく「人生を豊かにするプラットフォーム」として独自の情報サイトとしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。