人間学

バカになる勇気

プライドも自分らしさも邪魔になる

先日、器を大きくするには自分をブッ壊すことだと書きました。

言い方を変えれば、「自分」を自分の中から徹底して追い出すこと。これは落語家の立川志の春さんの著書にあった話です。

その時に一番邪魔なのは、プライドや自分らしさ。私は最近、つとに思うのですが、バカになる勇気が成長するためには必要ではないでしょうか。

質問力

聞くは一瞬の恥、聞かぬは一生の恥。とはよく言ったものですね。

分からなかったら聞けばいいのです。その時、バカかこいつは?と思われても良い。目的は、知ることであり、見栄を張ることではありません。

HICOでは、上下関係なく、スタッフ同士会話することを大事にしたいと思います。誰に何を思われても、疑問に思ったら質問する。その力が今後の成長を左右します。

会話力がミスを防ぐ

ミス、失敗は誰もがする。でも、しないにこしたことはありません。ミスがなければ、お客様に迷惑をかけないし、ミスをカバーしたり補う労力をかける必要もない。スムーズに仕事は運びます。

どうやってミスを防ぐか。私もいろいろ考えてきました。やってはいけないのは、今度から気を付けよう、と意識で解決することです。これはよほど痛みが伴わない限り、忘れてしまうことが多い。

仕組みで解決するのは良い方法です。たとえば私が勤めていたレストランでは、オーダーミスをしない為に、メンバー共通の略称を作ったり、カラーペンで記入にしたり、工夫しました。

でも、もっともミスを防ぐ効果的な方法は、会話することです。自分が間違っても、誰かが気付いてくれたり、確認してくれたら、結果、間違わない。ミスしそうなところで、大丈夫?と聞くだけで違うのです。

起こりそうな失敗は、それぞれが気にして言葉にすることで、未然に防げる。HICOでは個人が成長するためにも、ミスを防ぐためにも、会話力を重視します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。