2021年、東京・高尾に開業予定のレストラン

これまでに出逢ったすべての「縁」と「恩」に感謝を込めて、
100年持続するレストランを創りたい。
訪れてくれた人にとって、人生最良の美味しい記憶となればいい。
そんな想いで、2021年の開業を目指し、現在、奮闘しています。
今は失敗ばかり。でも一歩一歩、近づいてるはず。
その記録をご覧ください。

開業奮闘記

森の音楽会

スポンサーリンク

レストランHICOをライブ会場に!?

イタリア料理店に勤めていた時、ミュージシャンの方を呼んで、ライブをやったりしました。演奏スペースは広くないので、多くてもトリオまででしたが、生演奏というのはやっぱり、良いですね。演奏する人の熱量が、伝わってきます。

それを目当てに来て下さるお客様もいました。

マジシャンを呼んで、テーブルマジックをしてもらったこともあります。これも面白かった。各テーブルを回ってもらうのですが、各テーブルで大歓声です。

HICOのスペースを開放する

溶岩焼とカルツォーネの店HICOでも、そんなイベントをできないかなと考えていました。たとえば、森の音楽会なんてどうだろう。HICOは高尾山の麓、理想通りなら側に小川が流れていて、風が吹けば、木々の揺れる音、鳥の声、虫の音が聞こえるくらい、静かなところに建てます。

森の中、とまではいかないでしょうが、テントを張ってキャンプ出来るくらい、広い庭を作ろうと思っています。そのスペースで、演奏してもらうのです。HICOは完全予約制ですから、極めてプライベートな演奏会です。贅沢ですよね。

もしくは、昼間、レストランを開放して、地域の人たちを呼んできて、演奏会場にしても良いかもしれません。場所を提供するのもひとつです。

レストランを開放する、というのは、可能性のひとつとして、面白いと思っています。ゲストハウスのような使い方や、貸コテージにも応用できます。以前もオーベルジュを視野に入れようかと検討しました。

まだ時間はある。この辺りはゆっくり考えていきます。

タイトルとURLをコピーしました