開業準備

出張料理のスペシャリテ設計

HICOにおける料理の設計5大要素

昨日、出張料理メニュー概要について書きました。

メニュー構成のポイントのひとつは、2割の料理にとことん力を入れる事です。

見た目のインパクト、盛り付け、料理としての完成度、そして独自性、すべてにおいて、考えうる限り最高のレベルで提供できるよう考えるのです。

「コレが食べたいから、お願いした」というくらいのものを作る。レストランにおける、スペシャリテです。

スペシャリテ

このスペシャリテには、以前このブログ『借金500万円からの開業奮闘記』でも書いた、たこの冷製パスタ仕立てにしたいと思っています。理由は、そのオリジナリティと、提供方法の多様さ、盛り付けの自由度、料理としての完成度など、まだまだ高められる要素があり、何より、他のどこでも見たことがないからです。クックパッドで調べても出てきません。それだけでも第一難関は突破しているように思います。

料理の設計5大要素

さて、設計をするのに、何が決め手となるのか、考えました。

導き出した答えは、以下です。

1.デザイン

・・・思わず写真を撮りたくなるようなデザインか?

2.香り

・・・食べる前から食欲をそそる香りを放っているか?

3.味わい

・・・五味(「甘味」「酸味」「渋味」「塩味」「旨味」)と食感の表現バランスはどうか?

4.価格

・・・その料理に自分なら最高、いくら払えるか?

5.独自性

・・・どこかで見たような、食べたような料理になっていないか?

以上、5つの要素を、料理の設計5大要素としました。

明日は、この5大要素をもとに、スペシャリテを設計していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。