遊び心

シャトー・マルゴー|マルゴーズよ、永遠に①

美しさを維持するためには限りなく贅を尽くし、愛されなければならない

その佇まいは繊細でありながら、優美。滑らかで、押せばどこまでも沈んでいきそうな、柔らかく、官能的な不安がある。香はかぐわしく、至福へと誘い、それは自分が自分であることの一切を忘れさせ、限りなく堕落したニュアンスを持ちながらも、あまりに気品にあふれているが故に、はっとする美しさがそうなることを許さない。美に陶酔すると同時に鑑賞し、快楽に溺れると同時に、救われる。甘美なる、矛盾。

5大シャトーの中でももっとも女性的といわれ、時に「女王」とも呼ばれるシャトー・マルゴーはしばしば、そのような印象を持って語られます。

受難

しかし、クレオパトラや楊貴妃を例に出すまでもなく、美貌にも知性にも恵まれた女性が数奇な運命に弄ばれるように、マルゴーも受難の連続でした。所有者がころころと変わり、品質が危ぶまれた時期もあります。単に、自らの欲望のために手にしようとする者たちは、勝手でしたし、そうでない者たちにとっても、「女王」に仕える覚悟が必要でした。その美しさを維持するためには、限りなく贅を尽くし、とにかく愛されなければなりません。

そんなマルゴーに、自らを重ね合わせるように時代を生き、その気品とはかけ離れていながらも、結果としてマルゴーの名声を高めた女性がいました。マリ=ジャンヌ・ベキュー。デュ・バリー夫人で知られる人です。彼女はルイ15世最後の公妾(こうしょう)、つまり公に認められた愛人でした。

宿敵ポンパドール夫人

それは1769年、フランス革命の起こるちょうど20年前のことです。そのときジャンヌは25歳。対するルイ15世は、58歳という高齢でした。

王は側近に語っています。

「私はジャンヌに満悦しておる。この身が六十間近の老人であることを忘れさせてくれる秘法を知り尽くしている、フランスでただ一人の女だよ。」

当時、ジャンヌとルイ15世の暮らしているヴェルサイユ宮殿では、あるワインがもてはやされていました。それがシャトー・ラフィット・ロートシルト。1855年のパリ万博の際、第一級に格付けされた、5大シャトーのひとつです。

「ラフィット」は、ジャンヌの前にルイ15世の愛人であった、ポンパドール夫人が宮廷に持ち込んだものでした。王はこの女性をとても愛したといいます。見目麗しく、知性も教養もありました。

二人が初めて出会ったのは、王が狩猟に出ていた森の中でのこと。

遠くから見つめいていたポンパドール夫人の前に、彼は白馬に乗って、颯爽と現れたのでした。「白馬の王子様」とはこのことが由来だそうです。(というのは嘘です。すみません。)

ジャンヌはこのポンパドール夫人の行動や、考えたことを参考にしていました。彼女はわかっていたのです。

王の欲望を満たすだけの美しい存在では、愛人の座は務まらないことを。

策略

ポンパドール夫人は愛人としての肉体的能力に陰りが見え始めると、あらゆる嗜好品をプレゼンテーションして、王を飽きさせなかった、といいます。「鹿の苑」というある種のハーレムを作り、王好みの女性を住まわせたこともありました。まだ肉体的にも精神的にも熟れきらない少女を、そのためだけに教育するのです。言葉遣い、メイク、反応までも。そして王がのめりこみすぎないように、何度か相手をさせると、親元へと送り返したのでした。

「ラフィット」も、実は王を惹き付けるための、そのひとつだったのです。最上のワインをコントロールすることにより、晩餐会はもちろん、自らの権威までも高めました。

ジャンヌは、自分がワインをわかる貴婦人であることを証明するためにも、「ラフィット」に劣らないワインを見つけてくる必要がありました。

そうして見つけてきたのが、「マルゴーズ」。いまのシャトー・マルゴーです。

時はフランス革命の足音が聞こえ始めた、18世紀末。

彼女と、マルゴーの行く末は、また明日、お話いたします。

>>>シャトー・マルゴー物語<第二話>へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。