遊び心

シャトー・マルゴー|マルゴーズよ、永遠に②

マリ=ジャンヌ・べキューとマルゴーズ

5大シャトーの中でも最も女性的で、甘美なワイン、シャトー・マルゴーの物語をお伝えしていきます。

時は18世紀末、フランス革命が起ころうとする頃。

シャトー・マルゴーに自らを重ね合わせるように生きた、マリ=ジャンヌ・ベキュー、デュバリー夫人。

<第一話>は、こちらからご覧ください。

マルゴーズ

・・・なんてきれいな色なの!

グラスに注がれた「マルゴーズ」(今のシャトー・マルゴー)を手にしたとき、ジャンヌは驚嘆したのでした。

「ラフィット」もたしかに素晴らしい色合いです。深くて、濃いルビー色をして、「飲む宝石」といわれたのも頷ける。

でもマルゴーズは、もう少し明るくて透明感があり、それでいてしっとりとしているのでした。

「君にはこの方が似合う。」

彼女の白いドレスにこぼしてしまった鮮烈なルビー色を見て、王は言いました。

そこから緻密に漂う、妖しい香り。当時の貴族たちは香水を浴びるほど付けていましたから、しかもそれは異性を惹きつけるための、動物的な、官能に訴える部類なので、それとマルゴーの持つ繊細で優美な、気品あふれる香りが交わると、彼女の魅力はいっそう高まるのでした。

間もなく、「マルゴーズ」は「ラフィット」にとってかわり、宮廷を席巻するようになります。

しかもジャンヌが限られた者にしか飲めないようにしたため、そのブランドイメージは不動たるものを築きました。これが、あの1855年の格付けにも影響を与えたといわれています。

ときおり、ジャンヌはグラスに入った「マルゴーズ」をじっ、と見つめることがありました。

しっとりと揺らめく、鮮やかなルビー色の液体は、鏡のように自らを映し出しながら、その人生を、うつくしい物語に変えてくれます。それがどんなに醜悪で、恥ずかしく、厭な記憶だったとしても、その美しさの前ではすべてが美化されました。

半ば、夢を見ているかのように、彼女はそのワインと自分とを重ねてみます。

ある大公が言っていました。

「背はすらりと高くて、それでいてグラマーで、胸なんかつっと出っ張っている。それは他と比べるのが無駄なほど、見事なものだ。顔立ちは整って、瞳はたえず湿っているし、いつもやさしく微笑んで。その口元のあどけなさがまた、誘っているようで。神々しい美しさの中に近づきやすさがある。・・・」

ジャンヌは、王の愛人の座につくまでに、数え切れないほどの関係を持ってきました。しかしそれは、その美貌を利用して計画的に結んできたのではなく、むしろ彼女の意志とはかけ離れたところで、人の欲に弄ばれながら、生きてきたのです。

生立ち

ジャンヌは、父親も誰だかわからない状況の中で生まれた私生児でした。

当時の倫理観は今とはだいぶ違っており、というより崩壊しかかっており、結婚するときに相手の顔を初めて見るのが当たり前で、特に女性は、夫を持ってから初めて堂々と、自由に、恋愛できるのでした。

それに嫉妬するのはとてもみっともないことで、たとえば奥さんの浮気相手に「やあどうも、いつも妻がお世話になっております」というわけです。

フランス革命が起こる前の時代は、アンシャン・レジームといって、非人道的な階層社会でした。

身分制度があり、国王を筆頭に、第一身分は聖職者、次が貴族や僧侶、第三身分に市民、農民とされ、税金は第三身分に属する者だけが払わねばならず、貴族より上の階級は豊かな暮しをしていながら、その必要もなかったのです。

一番下の階層である彼女に、意志を持つことはもはや許されませんでした。彼女は別に、王の愛人の座を狙っていたわけではない。弄ばれて、結果的にたどり着いただけのこと・・・。

しかし、それから20年以上たった1793年の冬。

ジャンヌは粗末ななりで断頭台の下に立つことになります。それはまた明日、お伝えします。

>>>シャトー・マルゴー物語<第三話>へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。