遊び心

シャトー・ラトゥール|幾重にも絡み合う交響曲①

ボルドーワインのストイックさを好んだ老将軍

5大シャトーそれぞれの物語を綴っています。

歴史や文化を紐解いていくと、そのワインの織りなす味わいが、絶妙に物語と絡み合うのを感じます。ほんとうに不思議です。

今回は、シャトー・ラトゥールのストーリーです。1855年パリ万博の際、第一級に格付けされた圧倒的な力強さを持つワインには、どんな物語があるのか、楽しんでいただければ嬉しいです。

100年戦争

むかし、というのは1154年頃のこと。

フランスのお姫様と、イギリスの王子様が結婚し、ボルドー一帯はイギリス領であった時代がありました。それからしばらくして、フランス側がボルドーを奪回すべく、戦ったことがあります。100年戦争といわれるもので、1337年から1453年まで百年以上もの間、ボルドー地区は戦禍にさらされていました。

その戦争も終わりを迎えた、1451年。フランスはついにボルドーを占領するのですが、イギリス王家に300年も統治されてきたボルドーの市民たちには、母国はイギリスであるという意識が強くありました。そのため、当時のイギリス国王ヘンリー6世に、彼らは使いを送るのです。

「私たちを見捨てないでほしい。もう一度、この地方を取り戻してください。」

老将軍タルボ

そうしてその翌年、3000人の武装兵をひきつれて、ある老将軍がボルドーの地へと降り立ちます。彼はすでに62歳、その額は赤く禿げあがり、両サイドにすっかり白くなった毛をわずかに残すばかり。名前をジョン・タルボといって、その武勇、リーダーシップにおいて、肩を並べる者はいませんでした。すこし窪んだ目の光は鋭く、海のように深い、黒みがかった藍色をして、背はそれほど高くないが、彼が森を歩けば木々も道をゆずるほどのオーラがあったそうです。

ボルドーの市民たちは歓喜に沸き、フランスの守備隊をたちまち追い出すと、イギリス軍に市の門を開けたのでした。

リベンジ

タルボ将軍がボルドーの地へと足を踏み入れたのは、これが2度目でした。

前回この地を訪れたとき、彼はジャンヌ・ダルク率いるフランス軍の攻勢に、敗走を余儀なくされたのです。当然、彼は悔しかった。百戦錬磨と讃えられた勇将タルボ将軍が、いくら男の恰好をして、神だか悪魔だか知らないが、その加護を受けていたにせよ、まだ女にもなり切っていない少女にやられるとは、あってはならない恥辱です。

そのとき彼が本拠地を構えていたのが、ぶどう畑の広がるボルドーの一角。フランス軍の動向を監視するために利用していた砦を要塞にしていたのですが、その周辺で出来るワインは、色も濃く、しっかりとした味わいで、その筋肉質で、なおかつストイックな男らしいワインを、彼はとても愛していました。

ひさびさにその砦に上り、かつてしていたように彼方まで見渡したとき、彼はおもいます。

「この地はわれわれのものだ。必ず取り戻す。」

タルボ将軍の胸には、祖国への愛情はもちろんのこと、男としての恥辱を晴らすのと同時に、愛するワインを生む地を奪い返す目的もあったのでした。

そしてその砦こそ、シャトー・ラトゥールのラベルに描き続けられているあの、塔なのです。当時は、サン・モンベール塔(La Tour en Saint-Mambert)と呼ばれ、現在のシャトー名も、「La Tour=塔」に由来しています。

さて、タルボ将軍のリベンジは叶うのか、それはまた明日お伝えします。

>>>シャトー・ラトゥール物語<第二話>へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。