遊び心

シャトー・オー・ブリオン|フランスの宝石①

400年以上前からイギリス人を魅了したフランスワイン

シャトー・ムートン・ロートシルトにはじまり、シャトー・マルゴー、シャトー・ラトゥール、シャトー・ラフィット・ロートシルト、と5大シャトーの物語を連続でご紹介しています。最後は、シャトー・オー・ブリオン。

同じブドウ品種を使い、どうしてここまで個性の差が出るのか。ワインとは本当に面白いものです。

5大シャトーでいえば、それぞれのシャトーが辿ってきた物語が、その個性を形成してきたように思えてなりません。なかなか日常的に買える値段ではありませんが、機会があれば、飲んでみてください。ムートンならば、フィリップ男爵の挑戦の歴史が、マルゴーならばデュバリー夫人の甘美で肉感的な魅力が、感じられるはずです。

さて、シャトー・オー・ブリオンの物語をお話します。

ジョナサン・スウィフト

舞台は17世紀後半、ロンドン。

「ポンタック亭」という居酒屋で、ひとりの男がワインを飲んでいました。

長くカールしたきれいな銀髪で、目は異様に大きく、顎の下のたっぷりとした肉は、長いこと蓄積されてきた自意識のたまものか、恋をすればそれはしぼみ、恋が終われば、またふくらんでくる。そんな彼の顎を、友人は「ふうせん顎」とからかいました。

彼は時の流行作家、ジョナサン・スウィフト。

のちに『ガリバー旅行記』をものして、後世に名を残す作家となりますが、このとき彼は恋に破れ、垂れ下った顎の肉を、重たそうに持ち上げながら、ワインを飲んでいました。

サミュエル・ピープスの日記

「サミュエル・ピープスという人を知っているか?」

バーテンダーに、彼は尋ねます。

「彼は日記を書いていた。ただの日記じゃない。誰もが興味を抱くような秘密に満ちた、赤裸々な私生活を書いたものだ。それも奥さんにばれたらまずいから、特殊な暗号を使った速記文字で書いている。」

夜は深い。その居酒屋は、旅館も兼ねていました。おやすみ、といって、お客は次々と部屋に上がっていきます。

「ある夫人が、秋の夜長の寂しさを紛らしたいから、その本を探し求めたとか。」

とバーテンダーが答えます。

「よく知っているね。そうだ、私はそれをちらと読む機会があった。そこに、こんな記述がある。……フランスワインとおぼしきものを飲んだ。オー・ブリアンと呼ばれていたが、いまだかつてお目にかかったことがないような、特有な味わいをもった、うまいものだった。」

フランスの宝石

スウィフトはワインを飲みほすと、大きな目をぎょろっと回して、バーテンダーを見ました。

「このワインのことさ。でも、それだけじゃない。もうひとつ意味がある。ブリアンはフランス語で、宝石、なんだよ。わかるか?」

バーテンダーは、首をふります。

しかし彼はなにもかも知っていました。「ポンタック亭」は、そのワイン、シャトー・オー・ブリオンの所有者の親戚が開いたお店です。ワインはもちろん、料理人も現地から派遣され、『ロンドンで一番、粋な店』と噂されていました。

そして、スウィフトが、フランス女性に恋をして、その恋に破れたであろうことくらい、バーテンダーである彼には、すぐに察しのついたことなのです。

「サミュエル・ピープスといういけすかない野郎は、フランスの宝石をとことん、あじわったわけだ。」

>>>シャトー・オー・ブリオン物語<第二話>へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。