遊び心

オーパス・ワン|交響曲第一番①

世界をゆるがした大事件

5大シャトーの物語をご紹介したついでに、5大シャトーを目標にし挑んできたワイン、サッシカイアも紹介しました。

今回は、カリフォルニアの代表的ワイン、オーパス・ワンの物語をご紹介します。

イタリア、フランスをはじめ、ヨーロッパの伝統的にワインを作ってきた国々に対し、あらたにワインを作り始めた国々、アメリカ、オーストラリア、チリなどをニューワールドと呼びます。

かつてニューワールドのワインが、ヨーロッパ伝統国に比肩しうるとは想像できませんでしたが、ある事件をきっかけにその概念は粉々に崩れ落ちます。

ある試飲会にて

天文学者で知られるガリレオ・ガリレイは言いました。

「ワインは、水と一緒になった太陽である。」

カリフォルニアのさんさんと輝く太陽が、歴史、伝統、文化において他の追随を許さないフランスを相手に奇跡を起こしたのは、1976年の5月。

空は美しく晴れ渡り、気持ちの良い日でした。パリで、ある試飲会が行われたのです。超一流のフランスワインと名もないぽっと出のカリフォルニアワインの対決。

審査員はフランスのワイン界を代表する9人で、ボルドー格付けの審査員や、3つ星レストランのシェフ・ソムリエ、老舗レストランのオーナーや有名シェフ、ワインスクールの講師、ワイン雑誌の主筆者など、ワインと深くかかわる仕事をしているプロフェッショナル達です。

フランスVSカリフォルニア

彼らの前には採点表とグラスが2脚、それから舌の味覚を戻すための堅いロール・パン。ワインは銘柄を伏せた状態で注がれました。

「みなさまのお耳を拝借します。」

主催者はパリの小さなワイン・ショップのオーナーで、名前はスパリュア。彼は、5大シャトーのオーナーたちを一堂に会しての試飲会を行ったりと、おもしろい企画やイベントで、注目を集めていました。

「カリフォルニアに訪れたとき、私は驚きました。小さくて無名のワイナリーが非常に高品質のワインを作っている。今年はアメリカ独立200周年ということもあって、フランスのワイン界を代表する方々にお集りいただき、カリフォルニアワインの素晴らしさの片鱗をお伝えしたいと思い、企画いたしました。」

それから、試飲するワインはフランスとカリフォルニアのワインであること、白ワインはシャルドネ種を使ったブルゴーニュスタイルのもの、赤ワインは、カベルネ・ソーヴィニヨン種を使ったボルドースタイルであることが、伝えられます。

会場は、和やかな雰囲気でした。

ワインのプロフェッショナル達は、フランスの勝利を疑わなかった。

胸騒ぎ

試飲は白ワインからはじまりました。

採点は、外観、香り、味わい、バランス各5点ずつの20点満点で評価されます。審査員は、質の低いワインには容赦ありません。1点しか与えられないワインもありましたし、香を嗅いだだけで捨てた人もいます。

高級フランス料理の総本山でパリの老舗レストランのオーナーは、なれた仕草でグラスをまわし、灯りにすかして、香りを吸い込み、口にふくむと言いました。

「ああこれこそ洗練されたブルゴーニュのシャルドネだ!濃密なハチミツやナッツ、すこしローストしたパイのようなニュアンスもある。これはモンラッシェあたりのグランクリュ(特級)だ。」

さすがはプロ・・・・・

主催者のスパリュアは感心します。ところが、

ん?ちょっと待て?

思わず、手元のワインリストと見比べました。

違う。いま試飲したのは、モンラッシェあたりのグランクリュじゃない。ブルゴーニュのシャルドネでもない。彼はカリフォルニアワインをフランスワインだと思いこんでいる!

また、別のワインを飲んで、著名なワイン雑誌の主筆者は言います。

「こいつは、間違いなくカリフォルニアだ。香なんてありゃしない。」

彼は自信たっぷりに斬り捨てます。スパリュアは胸騒ぎがしました。

そのワインこそ、白ワインの最高峰ともいわれる、バタール・モンラッシェなのです。

さてさて、このあとどうなるか?続きは明日、またお伝えします。

>>>オーパス・ワン物語<第二話>へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。