開業準備

ブランディングとしてのセルフ出版

電子書籍として出版するためのネタをコツコツつくる

先だって、5大シャトーと、5大シャトーに挑んだワインの物語を書きました。

これらはいずれ、加筆修正して、電子書籍にして出版したいと思います。

Amazon提供の出版サービス

Kindle ダイレクト・パブリッシングというサービスがあります。

https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP/

この手順に沿って作成すれば、セルフ出版できるようです。

目的は?

もちろんセルフ出版で稼ごうとは思っていません。価格も本来、無料でいきたいところですが、最低でも99円からつけなければいけないようなので、最低価格でいこうと思っています。

目的は、入り口、ポータルを拡げることと、ブランディングです。

まだ『溶岩焼とカルツォーネの店HICO』はOPENしてませんから、認知度は当然、低い。ワイン物語や、レストラン運営、料理レシピ、料理雑学、高尾山情報など、高尾で特色あるレストランをする際、関連したカテゴリーの本を出版し、広告代わりにしようと思うのです。

HICOでは、誰もが書いていそうなこと、発信しそうなことは極力避けて、独自の情報発信や訪れてくれたお客様にとって有意義なテーマを提供しようと心がけています。

あと一年もすれば、だいぶ独自色の強い情報群になるでしょう。それらの中から、テーマとして出版するに値するものを、電子書籍化するのです。

これまでアイデアとしてあったのですが、ワイン物語を機に、さっそくテストしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。