戦略とマーケテイング

Facebook広告の活用①

出張料理の顧客を掴む

出張料理は依頼を受けて、進めています。レストランの為の腕ならしにもなり、自分の創作を評価して頂ける絶好の機会です。

ただ、知り合いの紹介以外で、顧客をつかむにはどうすればいいのか、考えています。

他の誰も作れない、どんなに美味しい料理を作ることができても、顧客を掴めなければ成り立ちません。美味しければお客様は来るという考えでは、お客様は来ない。

Facebook広告

いま、Facebook広告で、対象地域に限定し、出張料理の宣伝しています。

Fecebook広告のいいところは、かなり対象を絞って、宣伝できること。出張料理ができるのは、ごく限られた地域だけなので、広範囲に広告を出すのは無駄です。Facebookなら、その地域に在住している人だけに宣伝出来ます。

また、性別、年齢層を始め、趣味、関心、職業などもあわせて絞り込むことが出来、自分がお客様にしたい対象に対して、ピンポイントで伝えられるのです。

料金は、広告の種類にもよるのですが、上限設定できます。私は1日100円で、テストしています。出張料理ビジネスの規模からすると、それでちょうどいい。

費用対効果

自分の出した広告に対して「いいね!」をしてくれる人が出てきます。

結果からいうと、2週間、広告を出して、トータル14人の方が「いいね!」をくれました。広告にはリンクを張って、特設ページへ飛ぶように作っていたのですが、そこまで関心を持ってくれた人は、約140人。その中の、およそ1割の方が「いいね!」をくれた計算です。

コストで計ると、100円で1人の「いいね!」。もし「いいね!」をくれた人が全員、出張サービスを利用してくれるなら、費用対効果は非常に高い。

コスト比較

かつて勤めていたレストラン広告の費用対効果で比較すると、地方の情報誌に掲載した55,000円の広告(およそ6cm×12cmの枠)で出稿しても、200人来店してくれたらいいとこです。平均したら150人ほどでしたでしょうか。すると、1人あたりの広告コストは366円になります。

出張料理は、2~8人まで承りますので、もしご依頼いただくとすると、その1人の向こうに2人以上はいることになります。「いいね!」をくれた人で14人いうことは、その向こうに平均4人いるとすると、56人。

そのうち何人が実際に利用するかで、1人当たりの広告コストが出ます。感触としては、半数以上はいけそうなので、可能性はかなり高いと踏んでます。

いずれにしても、いまの規模からすると、14人も「いいね!」をくれたら、十分すぎるほどなのです。

明日は、「いいね!」をもらったら、次につなげる方法を模索します。

>>>「いいね!」をもらった後、どうアプローチするか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。