戦略とマーケテイング

Facebook広告のA/Bテスト計画⑤

反応の良しあしをテストし、最も効果の出る方法を探る

出張料理サービスのFacebook広告でAの広告とBの広告、どちらの方が、クリックしてくれる率は高いか、テストするための計画を練っています。

広告ターゲットは、A:高齢者のいる世帯、B:子供のいる世帯です。

各ターゲットの属性と傾向から、実際の広告を出稿していきたいと思います。

>>>Facebook広告のA/Bテスト計画①はこちら

>>>Facebook広告のA/Bテスト計画②はこちら

>>>Facebook広告のA/Bテスト計画③はこちら

>>>Facebook広告のA/Bテスト計画④はこちら

高齢者のいる世帯に対して

年齢層は、40歳から55歳。男女ともに広告を出します。

テーマは「恩返しのお手伝い」。40歳から55歳の人が、親への孝行、日ごろの感謝など伝えたい時、利用してもらえるようなアプローチにします。

同時に、広告のリンク先は、ランディングページを用意し、高齢者を抱えていて外食しにくい世帯に向けたページを作成しておきます。(ランディングページについては、違う記事で書きます。⇒ターゲット別のランディングページを用意する)

広告に関しては、キャッチが非常に大事になってくる。

キャッチフレーズ案

いくつか、案として考えたものを列挙します。直接的なものから間接的なものまで、列挙してみます。
?自宅にシェフを呼んで親孝行しませんか?
?なかなか外食の出来ない両親に出張シェフのプレゼント!
?高級イタリアンを自宅で安価に楽しむ方法
?たまには介護食じゃなくて本格イタリアンはいかが?
?お母さんの誕生部プレゼントにも!出張シェフサービス
?介護に追われなかなか外食できない方へ

画像

画像はどうするのが良いか。40歳から55歳の方が、いいな、と感じる画像でなくてはいけません。注意を引き、思わず、リンクを押したくなるような。エモーショナルな部分で、たとえば親の喜ぶ顔が思い浮かんだり、あ、最近、親孝行してなかったなと思わせるような。

その為には単純な料理写真では、だめだと思っています。料理を食べて、楽しそうに笑っている、高齢者の画像とか良いかもしれません。車いすに乗った老婦人が笑っている写真でも、いいだろうか。いくつか、探してみます。

画像とキャッチ

トータルで考えると、画像で、イメージさせることをキャッチの言葉で重ねて表現し、インパクトをつけるのか、それとも補足的なキャッチにして、イメージを補うのがいいのか。迷うところです。

そこで、これをA/Bテストしてみようと思います。

A/Bテストは何回でもできますから、まずは3日間。画像は同じで、キャッチを変えてテストしてみます。それで反応の良かったキャッチの方を使って、今度は画像を変えてテストしてみます。

その結果、成果の上がった方が、根拠あるベストな選択です。

子供のいる世帯へのアプローチはその次に、テストしたいと思います。

検証でき次第、続編を更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。