人間学

人の本質は善か、悪か

自ら潔うして他の汚濁を洗い而も清濁併せ容るるは水なり

清水に魚住まずといいます。

良いことも偏っていると、バランスに欠きます。以前、紹介したことがありますが、戦国武将の黒田如水がまとめたという≪水五訓≫を毎日、目にするところに書き出しています。その中で、

「」
自ら潔うして他の汚濁を洗い而も清濁併せ容るるは水なり

とある。

人間、内面を抉れば、汚いところも出てきます。良くないのは、自分の清貧さを他に押し付けること。他ならぬ、私には昔そういう傾向がありました。・・・

清濁あわせもつ

人間の本質は、きれいか、きたないか。どちらだと思いますか?

生まれながら善のこころを持っているのか、それとも、悪のこころを持っているのか。どう思われますか?

これは天使と悪魔の会話のように、なかなか決着のつかないテーマです。

私自身は、どちらか、ではなく、どちらも、ではないかと思っています。中道、という考え方が日本には昔からありますが、水五訓の言葉でいえば、清濁あわせもつ、ということでしょうか。

お金は清いか汚いか

お金を触ったら手を洗いなさい、といわれました。

理由は、誰が触ったのか分からないから。それは衛生的にたしかにそうなのですが、お金は汚いもの、と考える人が意外に多い気がします。

お金は、きれいかきたないかではなく、人生を豊かにする大切なものです。いまの社会においては生きていくのに必要な、ものです。ただ、どんなお金の得方をするかは、どんな生き方をするかに通ずるところがあります。

人をだまして得たお金で、自分を豊かにしようとできるか。

盗んだお金で、人を幸せにできるか。

どうでしょう?

でも、たとえば、いま食べるお金もなくて、家族を養わないといけなかったらどうするだろうか。人から奪ってでも、自分の家族に与えるだろうか?・・・

そんなことを考えることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。