遊び心

創作小説『トカゲ一家』前編

週末の夕方は、トカゲ一家を訪れる。

ゴツゴツした石の間を4つほど通り抜け、2歩ほど進めて、東に5歩、南に4歩、さらに東に3歩。まとまりのよい軟らかい土を押し分けたところに彼らの家はある。彼らはいつでもあたたく、歓迎してくれる。それに奥さんの作る料理はすごくおいしい。中でもダンゴムシのから揚げは絶品だ。香ばしさは海老のようだし、身質の甘み、繊細さたるや、まるでうなぎである。食後にいつも出してくれるモンシロチョウの幼虫のお酒は、はっきりいって、熟成させた貴腐ワインよりも人々を陶酔させる。つまりね、この世の悪魔であり、一編の詩であり、またとない芸術だ、とトカゲ一家の主人は言う。ごろごろとした、独特のユーモラスな声で。(ところで、読者のみなさん、誤解してはいけない。頭はおかしくはない。僕は良識的な人間である。ものごとを見るのに偏った見方をしないように常々、こころがけている。おおくの真実とされるものが、語り手によって歪められ、何が正しくて、何が間違っているのかさえも、分らなくなっているのが世の常。僕たちの身にしばしば起こる、不思議な出来事は、素直に受け止めると、実はとても、ファンタジックなものである。)

トカゲ一家の主人の話は、多岐に渡り、尽きることはない。訪れ始めて、もう3年になろうとしている今でも、枯渇することのない井戸のようである。汲んでも汲んでも、話題はあふれ出てくる。奥さんとの馴れ初めを聞いた時は、感動してしまった。ご主人は当時、学生だった。詩を学んでいた。奥さんは、すこし名の知れたダンサーだった。それだけでも、映画になりそうな設定だが、出会いはダンスホール、ではない。朝露、そのひとしずくが、二人を結びつけた。

仕事を終えた奥さんは、朝の山道をそろそろと歩いていた。アンニュイな、(とはご主人の表現だ)うつくしい尻尾をなびかせて、ある大きな切り株の前を通り過ぎたとき、ふいと振り返った。コギトエルゴスム。捨てられたレシートの裏に、そう書かれていた。

「コギトエルゴスム・・・」奥さんはつぶやいた。意味はわからなかったが、その言葉の響きに惹かれた。ご主人はそのとき、目を覚ました。普段あまり夢を見ないのに、その時ばかりは鮮明に覚えていたそうだ。誰かを待つ、女性。その肩に、朝露がひとしずく、落ちた。ご主人にはわかっていた。その相手は、来ない。決して来ることはない。なぜならその人は、その日、謀反の罪で流罪にされたからだ。ご主人の頭の中は、さまざまな詩を学ぶあまり、いろいろな物語がごちゃごちゃになっていたらしい。女の心境を、ご主人は読み解いた。

「あしひきの山のしずくに君待つと我が立ち濡れぬ山のしずくに」

つまりね、―――ご主人は僕に解説した。あなたを待っていたら、たち濡れてしまいましたよ、山のしずくで。という感じなのだよ。

続いて、その男の返歌を、ご主人は詠んだ。

「我待つと君が濡れけむあしひきの山のしずくに成らましものを」

私を待ち続けて、あなたを濡らしている山のしずくに僕もなりたいものです。

二人は最初から、一緒にはなれない関係だった。らしい。つまりね、(ご主人の話し方で唯一みっともないのは「つまりね、」という口癖だ)―――男が奪ったのは、皇帝の寵愛を受けた、うるわしき侍女だったのだよ。謀反の罪で流罪にされたのもそのためだ。

>>>続き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。