理念とコンセプト

僕が僕であるために

尾崎豊の有名な楽曲で、『僕が僕であるために』という唄があります。

私は昔から好きで、今でも無性に聴きたくなる時があります。サビのフレーズにこうあります。

「」
僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない

正しいものはなんなのか

それがこの胸にわかるまで

人生は勝ち敗けじゃない、とはいいますが、それはやはり綺麗事でしょう。人生はつねに、戦い。多くの場合、敵は自分だと思います。他人じゃない。

私は「勝ち癖」をつけるのが大事だと思っています。それが身についていると、勝たなければ気持ち悪くなる。勝ち続けなければならないと、思えてくる。

小さなことなのです。自分との約束を守ったり、言葉にしたことに責任を持ったり。勝ち続けるとは、自分自身に誠実であり続けられるか、ということと同義です。

どこで耳にしたのか、本で読んだのか、定かではありませんが、誠実さとは何か?という問いに、文字通り、言ったことを成すことですよ。と答えた人がいました。新撰組にまつわる人だったような・・・

なるほどな、と感心しました。「誠」という字は、言ったことを成すと書く。

僕が僕であるために、勝ち続けなきゃならないということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。