戦略とマーケテイング

再考、何を強みとするか?

強みは何か?

これまでも何度か考えてきましたが、まだ浅い。と感じました。

たとえば料理は、それだけを何十年も経験してきた人や、ノウハウを持ったレストランには劣るでしょう。料理で突出するには、ある一定分野にしぼらないといけない。

そこで、カルツォーネを選んできたので、今でもそのつもりではいるのですが、本当に最善かどうかは、まだ言い切れないと思ったのです。

そして、そこに疑いを持つことは、店舗展開するときに役立ちます。それぞれが考えられた末のコンセプトなので、たとえカルツォーネを主力としないとしても、そのアイデアは再利用できるということです。

セグメント分析

マーケティングでは、どの分野で戦うべきかを判断するときに、セグメント分析を行います。カルツォーネにしたのは、大きなくくりではイタリア料理ですが、その中でもピッツァに分類され、さらにカルツォーネに絞られることで、市場占有率があがります。

市場規模の大小はありますが専門性を強めれば強めるほど、占有率はあがる。

カルツォーネは、広く認知されていないことから、市場規模は小さめです。ただ、大きくなる可能性はある。

それがたとえば、カルボナーラなら?

専門店としてやっているところはなくても、認知度が高いので、規模も大きいはず。

実は、そう考えた時に、「あ、面白いな」と思ったのです。

明日、続けて考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。