その他、雑感・雑学

2018年、動き出す準備

いよいよ2018年、動き出すときです。

その構想は、様々なパターンを想定して、この場合ならこうしよう、こうなったら、こうしようと、イメージしています。

実際どうなるのか?

錯覚してしまうのは、いまの日本、この当たり前の日常は、ずっと続いていくのではないか・・・ということ。確定した未来を覗いてみると、そんなことはない。

労働人口は減りますし、国の借金は生産性の倍以上の額に膨らんでいるし、私たちが年金をもらえる年になっても、返ってこないことは明確です。2020年、オリンピックを契機に、経済はがた落ちする。前々から認識していたことですが、それが現実味を帯びてきました。

そして、世界は不穏です。確率は低くても有事の際、どうするかは個人レベルで考える時代になりました。

悲観的に準備する

できることはとにかく、悲観的に準備することではないでしょうか。

奇跡が起こり、借金がチャラになることだって1%くらいあるかもしれません。でも、そんなことに頼っていたら、もしそうならなかった場合、終わる。

中国人の奴隷にはなりたくありませんし、もっと、自由を求めたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。