その他、雑感・雑学

人生のバイブル『7つの習慣』

『7つの習慣』(キングベアー出版)は1990年初版後、世界44か国で翻訳され、累計3300万部を売り上げた稀代のベストセラーです。

日本でも150万部。未だ、売れているという。

私はこの本に24才で出会い、人生のバイブルとしてきました。無人島に一冊だけ持っていって良いといったら、『孫子』を選びますが、人生の最後に読みたい本は何かと聞かれたら、『7つの習慣』と答えます。

7つの習慣とは

著者は、フランクリン・R・コヴィー氏。

コヴィー氏は、アメリカ建国1776年からの200年間に発行された成功に関する著作を研究し、ある大きな特徴に気付きました。

それは、第一次世界大戦を境に、まったく対照的な内容になっていたということ。大戦後は、その場しのぎの対処療法的手法を説明しているだけの本ばかりで、それは鎮痛剤やバンドエイドのように、問題の一時的解決しかしていないものだったそうです。

対して、建国後150年間は、誠意、謙虚、誠実、正義、勇気、忍耐、勤勉、節制などが成功の条件として取り上げられていた。

コヴィー氏は前者を個性主義、後者を人格主義と呼び、永続的な成功は、正しい生き方なくしてあり得ないことを突き止めたのです。

パラダイム変換

私はこれらを読んで、心底、感動しました。

ただ、当時は、何がこれほど、自分を揺さぶるのか、わからなかった。今もまだ、わかりかねる部分はあるのですが、年を経て、少しずつ分かってきました。

7つの習慣を理解するには、まず自分たちの持つパラダイムを変換させる方法を知らねばならなりません。パラダイムとは、私の言葉で言い換えれば、思い込みです。独善的な主観。

人は、誰しも、主観を持っているわけですが、人格者は、その転換方法を知っています。立場は、その人の立っている場所によって異なる。ということを、理解しているのです。

相手の立場に立つ、ということ。

これは私も、自分自身のテーマとして常に持っていることです。料理も、サービスも、それなくして、お客様の満足はありえません。

そして、その相手との距離を縮めるのは、相続力と、コミュニケーション。それは、本書に書いてませんが、私はそう結論付けました。

自分自身にとっても、レストラン運営にとっても、とても大事なことなので、『7つの習慣』については、じっくり自分の考えをまとめていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。