その他、雑感・雑学人間学

『7つの習慣』の存在意義

成功している人にとって、『7つの習慣』は読まなくてもすでに持ち合わせているものであるそうです。ある成功者の方は、当たり前のことばかり書かれている、と驚いていました。論理だって書いているけれど、むしろ日本にもともとあった思考であり、わざわざ学ぶ必要があるのか?と。

何百ページにまとめてあるが、もっと、童話形式で、わかりやすくつたえられるのではないか?

そう言うのです。

たしかにそう。人生にとって、大切なことは、きっと、本能的に皆、知っているのだと思います。だから共感し、自分もそうでありたいと認識を新たにする。

存在意義

でも、私は、読むことに深い意味があると思います。

なぜなら、確認できるからです。

○○の仕方などのハウツー本、わかりやすいばかりで内容の薄いビジネス書がある中で、人生において大事なことの本質を、論理だって書いている本は、多くありません。『7つの習慣』は間違いなく、そのひとつであり、道に迷ったとき、何が正しいのか信じられなくなったとき、原点に戻してくれる本です。

ハウツー本をいくら読んだって、本質を理解しなければ無意味ですが、その本質を教えてくれる本はことのほか少ないのです。

『7つの習慣』をことあるごとに読むのは、私にとって、成功する為の根本を、書き示しているからだと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。