開業準備

ホームページ制作サービスを差別化する

現在、ホームページ制作サービスを合間に承っています。

これが思いのほか、好評で、お役に立てているようで、私自身も、ホームページ制作を通して、多くの方とやりとりさせて頂き、人間的にも、デジタルスキルとしても向上する良い機会となっています。

無料ホームページ作成ツール(Webnode)を使ってサイト作成

webnodeでのサイト作成をプロ(ぞろ屋)に依頼

ホームページ制作サービスを差別化

私より、もっと安く、納期も早く、知識・経験も豊富な方も同じサービスをしているようです。絶対数は多くありませんが、それでもいます。

その中で、どうやって、差別化するか?

どうすれば、私しかできないホームページ制作サービスができるか?

その答えは、実際にご依頼頂いた方に聞いたり、実際にお話している中で、わかってきました。

また、ホームページ制作を依頼される方が、どのようなことで、困るのか、それに対し、私はどう解決できるのかが、鍵でした。

親切、丁寧

私は、レストランサービスを通して、丁寧に接客すること、お客様を楽しませるには、どのような言葉遣いをすればいいのか、自分を消すときと、強く押し出すときのメリハリなど、学んできました。

おそらく、シニアソムリエで、ホームページ制作をしている人は、他にいないでしょう。

デジタルでの付き合いだからこそ、親切に、丁寧に、人間味を感じられるように文章を書き、対話する。ホームページ制作の知識やスキルではなく、これが、私にできるもっとも大きな差別化です。

レストラン運営でもそうですが、最終、人間勝負、人格勝負です。

戦略的ホームページ

そして、依頼者の方は、単に、ホームページを作りたいのではありません。その目的は、より多くの人に知ってもらったり、想いを伝えたり、お客さんを集めたりするために作ります。その目的を外して、飾りだけのホームページを作っても意味がありません。

だから、これまで学んできた、戦略、マーケティングの知識を活かし、結果にコミットするホームページ作りを前面に打ち出しました。

これが、もうひとつの差別化。

見渡してみると、そこまでやっている人は意外と少ないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。