その他、雑感・雑学

史上最強の無脊椎動物

この世で最も賢い無脊椎動物をご存知ですか?

それは、たこです。

たこは、8本の腕と、3つの心臓、青い血、そして、9つの脳を持っています。マジシャンよりも素早い擬態のテクニックは並外れていて、地球上の誰よりも早い0.3秒というタイムだそう。

ひとつ、相対的にたこが劣るのは、短命であること。たこは、寿命が短い。

世界最大のたこ、ミズタコでも3-5年。しかし、3年で、その重量は20kgを超える。

たこ料理を調べてみても面白いかもしれません。全世界のたこ漁獲量の半数以上は、日本人が食べています。

それだけ、日本人はたこが好き。

サスティナビリティな食材?

あらゆる海産物の漁獲量は年々、減少しています。

たこも、例外ではないのですが、ある海域では、たこは生態系の頂点である為、どれだけ獲っても減らないと言われています。

それは、北海道噴火湾の水たこ。

ただし、マダコが取れなくなっている為、日本各地で文字通りひっぱりだこで、漁獲量が多くても、現在は、価格が上がっています。

それに、あまりに乱獲すれば、いくら生態系の頂点とはいえ、少なくなる可能性はある。

でも、他の魚類に比べると、たこの成長スピードは早く、環境適応能力も高い。なにしろ、この世で最も賢い脊椎動物です。

私は、海産物の中ではサスティナビリティ(持続可能)な食材だと思っています。いくら美味しくても、100年後、あまりに高価であったり、手に入らなければ、レストランの主力メニューとして扱ってはいけない。

以前、たこの料理を紹介しましたが、たこは、そういった意味で、注目している食材です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。