その他、雑感・雑学

A.I.にできない人間力とは

北欧にエストニアというわずか人工130万人の国があります。

ここは、知る人ぞ知る先進国。eガバメント(電子政府)を作った国です。国民90%がICチップの入ったカードを持ち、そこには生まれてから、今に至るまでのデータがすべて入っています。銀行でのやり取りはもちろん、税金の支払い等、国民生活を送る上で必要なすべての情報が、それで管理される。

だから2014円には、会計士や税理士という職業は消滅しました。すべて自動計算されるからです。

日本もまた、どんどんA.I.やロボットにできることは、それらに任せるように舵を切りはじめました。「変なホテル」をご存知の方も多いでしょう。ロボットが受付をし、接客を行うホテルです。

その話題性からテレビでも一時、取り上げられましたが、いまでも稼働率は90%。業界平均が56%だといいますから、たいしたものです。しかも人件費コストは、1/5~1/8。

価値さえ変わる時代

今後、危惧するのは、人々の感覚、価値がどんどん変わっていって、ロボットの接客が当たり前になり、抵抗がなくなること。現に、上記のホテルのようなサービスも、家電のA.I.化も、どんどん進んでいます。そんな中、レストランサービスが、お客様を魅了し続けるにはどんな努力が必要か?

そうやって考えていくと、人間力しか、残らないのです。

人間力とは、相手の立場にどれだけ立つことが出来、その上でどれだけの出来ることがあるかということ。

レストランサービスは特に、この人間力を鍛えることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。