戦略とマーケテイング

3倍の兵力差を埋める

織田信長が今川義元を破った有名な戦い「桶狭間の合戦」では、わずか4000の兵で、30000の敵を打ち破りました。

また、1000の兵力で、5000の迫りくる毛利を追い払った、若き日の黒田官兵衛。

2000の兵力で、7000の徳川軍を追い払った、真田昌幸。

兵力は3倍以上、圧倒的有利と思われた戦で、小が大に勝った例は、いくつも見ることが出来ます。勝因は、いちがいに言えませんが、共通してるのは、情報力と知力。

織田信長は桶狭間で今川軍が勝利に酔って酒を飲み、油断しているところを攻めた。

黒田官兵衛は、奇襲攻撃で不意をつき、戦には出れない老いた農民を借り出して鬨(とき)の声を上げさせ、援軍が来たと思わせた。

真田昌幸は3倍の兵力の敵を分断させ、数的優位を無に帰した。

いずれも、敵方を知る正確な情報を得て、「まさか」と思うような策で、敵の不意をつき、油断させ、平常の判断を出来ない状況に追い込みました。

奇策

私は、小が大に勝つ戦にとても惹かれます。どうやって、勝てたのか?

敵の情報を敵に悟られる前にいち早くつかみ、敵が考えつかない方法で、攻めた。誰もが思いつくような考えでは、なしえないでしょう。正攻法では、負ける。マニュアルや、常識では、勝てないということです。勝つには思いもよらない「奇策」が必要だった。

まだオープンさえしていない弱小レストランが、永く生き残るにも、そんな奇策が必要だと思っています。いずれ、本日紹介したような、小が大に勝った戦を研究して、その勝因を分析してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。