戦略とマーケテイング

売り手が上段に立つべき

神田昌典氏監修の『売りこまなくても売れる!説得いらずの高確率セールス』(フォレスト出版)。

この本にかかれているセールスの極意は、学ぶほどに効果が出ると実感しています。

神田氏は「殿様セールス」が理想という。

お客さんにこびへつらうのではなく、あくまで対等に、そして、販売している商品・サービスについては、売り手が上段にたつべきという考えです。

そうした姿勢は、下手をすると横柄で、たいへん失礼なふるまいになります。

人によっては「えらそうなやつだな」と感じるかもしれません。

それでも、毅然と、冷静に対処する肚づもりでないと、かえってお客さんを不安にさせるでしょう。

自信がなく、おどおどしたセールスマンをたまに見かけますが、その人から買おうという気にはなりません。

私だけでなく、買い物はできるだけ失敗したくないのです。

自分がした選択肢が、ベストだと思いこみたい。おどおどしたセールスマンからそれは期待出来ない。

正々堂々、誠実に。「信頼関係」と「尊敬」なくして取引しないセールスですから、売り手側は上段にたつくらいで丁度良いのでしょう。