開業準備

ワードプレスのインストール

覚書:サーバー契約からワードプレスインストールまで

ワードプレスをインストールするには、下記③つの設定が必要です。

 

①レンタルサーバー契約

・・・サーバーとはサイトを作成し、

表示させるためにデータを保存・格納する場所のこと。

 

②ドメイン登録

・・・ドメインは、○○○.com、○○○.jpなどのアドレス情報です。

インターネット社会における自分の住所です。

独自ドメインがあるということは住民票を登録するのと似ています。

 

③ワードプレスインストール

・・・ワードプレスはサイト作成ソフトです。

サーバーへインストールすることで使えるようになります。

 

~まずは、レンタルサーバー契約~

 

レンタルサーバーは数え切れないほどたくさんあります。

その中からどこを選ぶか?というのは、重要ですが、

何も知らない方にとって、よくわかりません。

 

選択を誤ると、ワードプレスとの相性が悪かったり、

トラブルが多かったり、急に閲覧できなくなったり、

色々と問題が起こります。

 

格安は、この手が多いので、それをご覚悟で契約してください。

私のおすすめは下記です。

 

エックスサーバー

●最もおすすめ。安定感抜群



「エックスサーバー」は、ワードプレスで腰を据えて

アフィリエイト活動をする人の99%が利用しているサーバーです。

月5000円以上稼ぐアフィリエイターは全体の5%しかいない、

という話は有名ですが、その5%のうち、

99%の人がエックスサーバーを利用しているのではないでしょうか?

 

それだけトラブルが少なく、信頼感のあるサーバーです。

 

<お申し込み方法>



上記「エックスサーバー」のサイトで「お申込みフォーム」をクリックし、

「新規お申込み」します。

 

サーバーIDはご自由に決めてください。

プランは最安で大丈夫です。

 

入力が終わるとメール送られてきます。

その後は、メールのリンク先から、ドメイン登録を進めます。

 

●できるだけ、安く抑えたい場合はこんなサーバーも






(尚、トラブルがあっても責任は負えません。。。)

 

 

~ドメイン登録~

 

次は、ドメイン登録です。

レンタルサーバーから登録いただくと楽ですが、

少しでもコストを抑えたい場合は、下記のようなサイトから登録もできます。

 

●ドメイン登録の大手



(色々と、時間をかけて調べて、結局サーバーから取得する、

ということを何度も経験している私から言わせてもらうと、シンプルに、

サーバーから取得してしまった方が、限りある時間を無駄にしないので

良いかと思います。)

 

登録できたら、サーバーの管理画面より、

ワードプレスをインストールします。

 

エックサーバー管理画面

※上記は、エックスサーバーの管理画面になります。

赤で囲んだところをクリックすると、取得したドメインが

表示されていますので、「選択する」を選び、

「プログラムのインストール」⇒「WordPress日本語版」

をインストールしてください。

 

インストールできたら次の手順、ワードプレスの初期設定をします。

 

~ワードプレスの初期設定~

 

WordPressの初期設定を行います。

サーバーへワードプレスのインストールをするとURL、ユーザー名、パスワードが表示されます。

この情報はWordPressの管理画面へのログインや編集に必要な情報です。必ずメモなどにお控えください。

また、ワードプレスのインストールには数時間ほどかかる場合もあるのでURLを

ブックマークしておき、しばらくしてから再度アクセスしてください。

<ログイン画面>

 

ログインができれば、いよいよ編集作業に入ります。

ワードプレス編集作業については、いずれまた紹介します。