料理とワインについて

ミネラルウォーターを知る

糖分が身体に及ぼす影響を知ってから、極力、無駄な糖分は取らないようにしようと決めました。

いま、注目しているのは、水。ミネラルウォーターです。

ミネラルウォーター、といっても、4種類に分類されます。

①ナチュラルウォーター

②ナチュラルミネラルウォーター

③ミネラルウォーター

④ボトルドウォーター

ややこしいですが、違いは、①が何の処理もしていない天然の水源からとったもので、②はそこからさらに処理方法など一定の基準を満たしたもの。③は、沈殿・ろ過・加熱殺菌、オゾン殺菌、紫外線殺菌・ミネラル成分調整・ブレンドなどの処理を行ったもの。④は①~③のような基準はなく、飲用水として、ボトリングしたものです。

また、味わいとしては、軟水、硬水と分類されるように、1リットル当たりに含まれるマグネシウムとカルシウム量により、分けられます。

日本では、120mg/ℓ未満が、軟水、以上が硬水です。

日本人の好みは習慣的に軟水を口にすることが多いことから、軟水が合うと言われますが、私は硬水を好んで飲みます。ワインや料理に合うんですね。軟水のが良い場合もありますが洋風料理では、硬水に軍配が上がります。

おそらく、洋風料理は素材そのものの繊細な味を活かすよりも、料理としての複合的な完成度を求めるからでしょう。

硬水は便通が良くなるので、ダイエットにも効果的だそうですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。