人間学戦略とマーケテイング

営業とは?

営業という職業についている人もそうでない人も、営業という概念は生きていく上で欠かせないと思います。

営業成果は、相手に商品やサービスを買ってもらうことではじめて成り立ちます。

売上構成は、お客さんの数×ひとりあたりの単価×購入率(購入回数)。その成果の最大値を求める時、

考えられる大きな戦略は、

①お客さんの数を増やす

②ひとりあたりの単価を上げる

③購入率(購入数)を高める

以上3つ。

中でも何を優先するかは状況によりますが、考えてみれば、人は

生まれてすぐに、営業をしているんです。

お客さんに該当するのは、親。親に世話してもらわなければ生きていけない。

だから、愛くるしい姿と表情を見せるのでしょう。

報酬はもちろん、愛情です。(反論がある人もいるかもしれんせんが、、、)

 

究極の営業とは?

生まれたての赤ちゃんが共通して持つ「営業スキル」とは何か?

を考えてみると、弱弱しさ、笑顔、たどたどしさ、といった印象を通して、

親自ら「私がこの子を育てなきゃ、守らなきゃ」という選択をさせることではないか、

と思います。

社会的責任もありますが、多くの親は、

それさえなくても、育てる道を選択するでしょう。

何がいいたいかというと、営業スキルは商品・サービスを売りこむことではなく、

お客さん自ら商品・サービスを買う選択をさせることだということです。

そして大切なのは、そうすることで、何を成したいか。

子は生きて成長することで、親の恩に報い、

親は子を育て守ることで、遺伝子を繋いでいく。

商品・サービスを買ってもらうことで、自分にとっても、

お客さんにとってもWin-Winでないと持続しないのが営業です。

だから、互いの立場に優劣はありません。対等です。

私は色々と学んでいく中で、お客さんに対して自らを低い立場に

貶めるのは間違いだと確信しました。

それは、双方の為になりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。