その他、雑感・雑学

水の低きに就く如し

孟子の言葉にあります。

「水の低きに就く如し」

が自然と低いほうに流れるように、人は安易な方を選びがちであるという戒めです。

そう、油断すれば、易きに流れる。私自身も自覚しています(笑)

常に緊張感と最高のコンディションを保つのは、至難の業。

 

では「水の低きに就く如し」とならない為にはどうすればいいのか。

一流スポーツ選手は、

毎日目標設定し、淡々とこなしていきます。

料理人は、

常に高みを目指し、留まるところなく研鑽を重ねる。

ソムリエは、

お客さんをワインと料理で楽しませることに余念がありません。

経営者は、

利益を社会に、スタッフに還元しつづけることに必死です。

 

志があれば、低きに流れることはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。