その他、雑感・雑学

いま学ぶべきこと

 

2018年も残すところ、1か月を切りました。

今年は、どんな学びを得たかと振り返りはじめています。

成長したようで、収穫は少なく感じる。

もどかしく、歯がゆい気持ちです。

年初、掲げたテーマは3つ。

 

1.確実な仕事をする。

2.相手の立場に立つ。

3.未来の行動を取る。

 

確実な仕事をするのは、ミスや失敗することにより、膨大な無駄を作りだしてしまうからです。

お客さんのオーダーを間違えてしまった。

レストランの現場では時々あることかもしれません。

しかし、それにより料理を作り直さなくてはならなかったり、お客さんに謝罪し、他のスタッフにも協力を要請するかもしれません。

たったひとつのミスが、全体に及ぼす影響は大きい。

何よりお客さんに迷惑をかけることは、最悪です。

 

相手の立場に立つのは、それが幸せに生きる道だと考えるからです。

相手の立場に立てれば、お客さんを喜ばせる方法もわかります。

また、困ってることや、してほしいこと、こうあったらいいな、ということもわかるはず。

そうすれば、何をすればよいのか、おのずと見えてくる。

それが出来なければ、魚を食べたい人に肉料理ばかり出すようなことを、知らず知らずやっているかもしれないのです。

 

未来の仕事をするのは、言い換えれば今の仕事をしないということ。

常に先のことを考えることで、余裕ができます。未来の仕事をやっておけば、先手を打てる。

今の仕事に追われるのと、先の仕事を余裕をもって出来るのと、仕上がりは大きく変わるでしょう。

仕込みをするにもその日の仕込みに終始していたら、余裕なんてできません。

先々の仕込みをしておくことで、ミスも少なくなり、新しい料理開発ができたり、お客さんの為に出来ることを考えられるかもしれない。

 

3つのテーマの評価

さて、実際に、出来たのか?

たしかに、昨年よりは確かな仕事ができるようになりました。ミスは減った。

常に相手の事を考える、はやはり難しい。

一筋縄ではいきません。

本当に相手の立場に立つことができたら、もっといろんなことがうまくいったはず。

 

彼を知り己を知れば百戦あやうからず。

 

何度も引用している、孫子の《兵法》。

嫌なことを言われたら、腹を立てたり落ち込むのではなく、なぜ、その人はそう言ったのか?

その人はどういう環境にあったのか。

その人の立場に立って考えるこで、磨かれる。

 

未来の仕事といえるものではまさにこのブログ。

今は2日に一度ペースで投稿してますが、レストラン開業への情熱、夢、目的はおかげでぶれません。

 

さて、残り26日。

悔いなく、生きていきたいと思います。