人間学

代々伝わる達磨『七転八起』

祖父が大事にしていた絵をもらいました。

祖父のお兄さんが書いた達磨の絵。筆一本で書かれた達磨で、墨の濃淡だけで、威厳のある目や厳めしい髭、転んでも立ち上がる不屈の強さを表現しています。

「これはおれの大事な絵だから、お前に授ける」

実は、祖父もすこしぼけかかってきているのです。でもこの時は、何度も「良かった」といって、目を潤ませていました。

御歳94才。

「おれも先が長くないことくらいわかってる」

その前に、大事な絵を見届けることができて良かった、というのです。

昔から、すごい力のある絵だと思っていました。その絵の前では、背筋が伸びる。嘘はつけない。これはたぶん、自分の甘さを戒め、苦難に出会っても乗り越える強さをくれるだろうと思いました。

大事に大事にします。

ABOUT ME
HICO(ぞろ屋)
バーテンダー➡料理人➡シニアソムリエ➡飲食店運営➡トップセールス・マーケター➡WEB制作/ECサイト運営/WEBライティング。 幅広い経験とスキルを活かしデザイナーやエンジニアでは作れない持続性のある戦略的サイト構築が得意。実はコンテスト受賞経験もあるシニアソムリエとしての顔も持つ。
大きな時代の変革期、負けない戦略はありますか?

世はまさに明治維新前後のような大変革期。人生も、ビジネスも『負けない戦略』が必要不可欠の時代となりました。

HICO’S BLOGでは、小規模ビジネスのための勝てるホームページ制作や売れる仕組み作り、ビジネスモデル・マーケティングなど、時代の流れにも競合他社にも【負けないコンテンツ】を忘備録としてとどめています。

ニュースレターでは<月に一度>当ブログコンテンツを定期的に配信していますので、ぜひあなたのビジネス、人生にお役立てください。