人間学

代々伝わる達磨『七転八起』

祖父が大事にしていた絵をもらいました。

祖父のお兄さんが書いた達磨の絵。筆一本で書かれた達磨で、墨の濃淡だけで、威厳のある目や厳めしい髭、転んでも立ち上がる不屈の強さを表現しています。

「これはおれの大事な絵だから、お前に授ける」

実は、祖父もすこしぼけかかってきているのです。でもこの時は、何度も「良かった」といって、目を潤ませていました。

御歳94才。

「おれも先が長くないことくらいわかってる」

その前に、大事な絵を見届けることができて良かった、というのです。

昔から、すごい力のある絵だと思っていました。その絵の前では、背筋が伸びる。嘘はつけない。これはたぶん、自分の甘さを戒め、苦難に出会っても乗り越える強さをくれるだろうと思いました。

大事に大事にします。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!