スポンサーリンク

人間学

欠点・弱みとじっくり向き合う

投稿日:

自分の内面を深めれば深めれるほど、表層に現れる個性から人間の本質に近づいていく。

<本質>とは、現象の奥にある構造の、さらに奥底にある真理です。

目に見えるのは、現象であり、構造も本質も見えません。

同じように、私もあなたも、彼女も、憎たらしい奴も政治家も犯罪者も、目に見える現象の奥には、必ず本質がある。

その本質を見ることができれば、問題解決は早い。

でも、それが出来ないから、失敗する。

欠点・弱みと向き合う

恩師は厳しい人でした。

ほとんど褒められた記憶がありません。

というより褒められるほど、優秀ではなかったのでしょう。

はっきり言われました。

お前は普通より下」だと。

努力は認めるがポイントを外しているので成功できない」。

本には書いていない

物事を考える時、あなたならどうやって考えますか?

朝、誰もいない静寂の中、温かいコーヒーを入れて。

ドライブしながら。

お気に入りのカフェの心地よいソファに座りながら。

人それぞれあると思います。

私は、というと、本と対話しながら、考えていました。

問題課題のテーマになりそうな本を探してきて、考えるヒントを得ようとした。

しかし、恩師はこういうのです。

本当に大事な2割の事は、本には書いていない。自分で見つけていくものだ

成功できない理由

なぜ、成果を出せないのか。

人の倍勉強して、努力しても、それに見合った結果が出ないのはなぜなのか。

努力の仕方が間違っているなら、どうすればいいのか。

そういうものなのか。

わからなければ、聞くしかありません。

本というのは、特定の誰かの為に書かれているものではない。

成功できない理由は、自分のことを知っていて、自分よりずっと高いステージにいる人からしか見えない

私は、本にそれを求めてきたのですが、それがそもそも間違いだったわけです。



認めたくなかった欠点

実は、恩師からはさんざん言われてきたのです。

  • 今しか見ていない。未来を見ていない。
  • 計画性がなく、行き当たりばったり。
  • 漠然としたコミュニケーションをする。
  • 物事をはっきりさせず、曖昧にさせる。
  • 自分がどこにつけば、最も利益が上がるか考える利益脳がない。
  • 知識やスキル、テクニックに頼りすぎ。
  • 本に答えを求め、自分の頭で何も考えていない。
  • 得るものばかり追い求め、失うものを計算していない。
  • 人間が軽い。判断が浅すぎる。小学生レベル。
  • 金銭感覚がない。

恩師とはいえ、そんなこと他人から言われたくありません。

腹も立ちます。

だから言われないように改善してきたつもりでしたが、どこかで驕りがあったのでしょう。

自分の特性は、そうした欠点を補って余りある。

そう思っていた節があります。

信じられない失敗

そんな中、普通に考えたらありえない失敗をしました。

資本主義社会は、経済なくしてなりたちません

売上が上がらず、利益を残せなければ倒産です。

いくら想いが強くても、結果に出せなければ、生きてけないのです。

感情も情緒も、休日の楽しみも家族を養っていくことも、最低限の経済なくして、なりたちません。

当たり前のことなのに「利益を上げること」を選択せず、「改善活動」に精を出してしまいました

その時はそれが、正しい時間の使い方だと思い込んでいたのです。

致命的に欠けていること

もっと最悪なことは、それを恩師に激怒されるまで、はっきりと気づかなかったことです。

胸の内でもやもやと「これでいいのか?」という不安だけが渦巻いていました。

少しでも経済の分かっているビジネスマンなら、これではいけないと気づいたはず。

しかもその利益は、頑張っても取れないものではなく、頑張れば取れた利益でした。

「勝てる」はずの勝負を、わざわざ「負ける」選択をしてしまったんです。

失敗する人は、皆共通して「勝つ」選択ではなく、「負ける」選択をしてしまう

恩師にさんざん指摘を受けてきた通りでした。

どんなに頑張って勉強しても、努力しても、勝つために必要なことができていなければ、失敗します

逆説的ではありますが、恩師は教えてくれていたのです。

勝つ(成功する)ために必要なこと

勝つために必要なこと、それは恩師がさんざん指摘してくれたことだと気づきました。

先にも書きましたが、改めて書きます。

  • 今しか見ていない。未来を見ていない。
  • 計画性がなく、行き当たりばったり。
  • 漠然としたコミュニケーションをする。
  • 物事をはっきりさせず、曖昧にさせる。
  • 自分がどこにつけば、最も利益が上がるか考える利益脳がない。
  • 知識やスキル、テクニックに頼りすぎ。
  • 本に答えを求め、自分の頭で何も考えていない。
  • 得るものばかり追い求め、失うものを計算していない。
  • 人間が軽い。判断が浅すぎる。小学生レベル。
  • 金銭感覚がない。

「自分は出来てるはずだ、そんなこと言われなくても分かってる!」

なまじっか人より勉強をしてきた自負があったので、真剣に向き合ってこなかったのだと思います。

その結果が、大失敗。

真摯に、自分の欠点・弱みに向き合っていれば、そうはならなかった

そんなつもりは全くありませんでしたが、恩師の言葉も軽んじていたのです。

激怒されて当然でした。

失敗の本質

なかなか成功できなかったことの本質は、そこにあります。

自分の欠点・弱みに真摯に向き合わなかったこと。

しかも恩師のような自分の欠点・弱みを的確に指摘してくれる人と運よく出会いながら、長い間、してこなかったのは時間的にも大きな損失です。

しかし、失敗する本質が分かれば、構造を変えることで、失敗しないようにできる。

本当に私は運が良いと思います。

厳しくても、たとえ褒められなくても、勝つために、成功するために必要なことを、具体的に教えてもらったのですから。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-人間学

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.