スポンサーリンク

人間学

心の奥底にある動機

投稿日:

なぜレストランをするのか?つきつめていくと、なぜ、生きるのかと問うことと同じだと気付いた。

長く、他者への貢献こそが自分自身を突き動かす最大の動機だと思っていました。仕事を通して、お客様を喜ばせたい、社会に還元して周囲を幸福にしたい。。。
当然、その意識は強いのですが、ふっと、もっと俗っぽいところに自分の本当の思いはあるんじゃないか、、、と立ち止まりました。
親に旅行のひとつでもプレゼントしたり、お世話になった人に恩を返したり、若い頃支えてくれた人に感謝を表したり、子どもたちの未来の為に投資したり。
成功した暁には、、、と思い浮かべるのは、そんな身近な人たちの笑顔でした。
20代の頃は、松下幸之助さんや稲森和夫さんの高尚な本を読み漁って、日本国の為、社会の為、利他の心、など意識的に考えていました。でもどうやらその器にはいま、全然ないようで(笑)

なんのために生きるのか、どんな使命があってやるのか、それがわかっているのとそうでないのとでは、仕事の質が変わってきます。まだ成功してないので説得力がないですが。

強い思いは現実化する、ということを証明させたいと思います。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、ふと疑問に思うことがありました。 魚を焼いた時に表面に現れる白い塊 ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-人間学

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.