開業奮闘記

これまでに出逢ったすべての「縁」と「恩」に感謝を込めて、100年持続するレストランを創りたい。

訪れてくれた人にとって、人生最良の美味しい記憶となればいい。そんな想いで、2021年の開業を目指し、現在、奮闘しています。

今は失敗ばかり。でも一歩一歩、近づいてるはず。

その記録をご覧ください。




新着記事

その他、雑感・雑学 開業準備

生き残る1割の飲食店が守っている最低ライン

飲食店は3年でその7割が、10年となると9割が倒産します。 なぜそれほど、倒産率が高いのかというと、参入障壁が低いため、行き当たりばったりで開業してしまう人が後を絶たないからでした。 詳しくはこちら。 ...

その他、雑感・雑学 開業準備

飲食店経営で失敗する3つのパターン

飲食店は苦労して開業しても3年で70%が閉店に追い込まれ、10年以上持続するとなると統計上は1割しかありません。 そんな厳しい道をわざわざ選択するなんて馬鹿じゃないかと思いますが、それでも、挑戦したい ...

戦略とマーケテイング

戦略と戦術の違い

マーケターのスキルとして最も大切だとされているのは、「戦略思考」といわれます。 その、戦略とは何か? 調べると様々な表現で解説しています。 「戦争・闘争のはかりごと。戦争の総合的な準備・計画・運用の方 ...

地域活性化PR

高尾山周辺情報

高尾山周辺情報 ~高尾山周辺で、遊んで、食べて、泊まって、そして暮らしたくなる情報~ 高尾山は世界一、登山客の多い山です。 また、富士山と並んで、ミシュランガイド三ツ星を獲得したもう一つの山でもある。 ...

料理とワインについて 未分類 魚を究める

SUSHIの歴史と発展

寿司が日本に誕生したのは、1200年以上前。 710~794年、現在の奈良市にある平城京に都が置かれた奈良時代にはすでにあったようです。 川魚を塩と飯で漬け込み熟成させる「なれずし」がはじまりでした。 ...




よく読まれている記事

その他、雑感・雑学 開業準備

2020/1/19

生き残る1割の飲食店が守っている最低ライン

飲食店は3年でその7割が、10年となると9割が倒産します。 なぜそれほど、倒産率が高いのかというと、参入障壁が低いため、行き当たりばったりで開業してしまう人が後を絶たないからでした。 詳しくはこちら。 10年生き残る1割の飲食店が遵守している、ある基準があります。 失敗するお店はたとえ知っていても、きちんと把握していない数字です。 それは、利回りとFLRコスト。 利回り20%以上を確保できるか? 利回りとは、投資に対する利益の割合です。 計算式にすると「利回り=利益÷投資」。 2000万円投資して、年間の ...

ReadMore

その他、雑感・雑学 開業準備

2020/1/16

飲食店経営で失敗する3つのパターン

飲食店は苦労して開業しても3年で70%が閉店に追い込まれ、10年以上持続するとなると統計上は1割しかありません。 そんな厳しい道をわざわざ選択するなんて馬鹿じゃないかと思いますが、それでも、挑戦したいと思える魅力が飲食店にはあります。 簡単に言うと、自己実現。 世界中の人の幸せの為に身を削る人からしたら「なんと強欲な・・」と思われるかもしれません。 しかし人には、使命がある。 縁あって飲食業界に入り、苦労しながら技術を身につけたきたのは、偶然とは思い難い。 いま目の前の人に食を通して、感動や喜びややすらぎ ...

ReadMore

戦略とマーケテイング

2020/1/13

戦略と戦術の違い

マーケターのスキルとして最も大切だとされているのは、「戦略思考」といわれます。 その、戦略とは何か? 調べると様々な表現で解説しています。 「戦争・闘争のはかりごと。戦争の総合的な準備・計画・運用の方策。」 「特定の目的を達成するために、長期的視野と複合思考で力や資源を総合的に運用する技術・応用科学。」 「達成したい方向/世界への達成の仕方」 頭で理解はできる。 でも、実際に「戦略思考」を持って実践するのは極めて難しく、出来る人は少ない。 戦略をどう落とし込むか? 戦略が必要となるには、前提があります。 ...

ReadMore

地域活性化PR

2020/1/10

高尾山周辺情報

高尾山周辺情報 ~高尾山周辺で、遊んで、食べて、泊まって、そして暮らしたくなる情報~ 高尾山は世界一、登山客の多い山です。 また、富士山と並んで、ミシュランガイド三ツ星を獲得したもう一つの山でもある。 それに、高尾という町はとても暮らしやすい、魅力的な町です。 そんな高尾山周辺情報を集めました。 是非ご参考いただき、高尾にいらしてください! 高尾名物!とろろそば 高尾山は「とろろそば」が名物。その由来は、高尾山薬王院に参拝にくる人の疲れをとってあげようと、自然薯をすって食べさせたことから。自然薯はカリウム ...

ReadMore

料理とワインについて 未分類 魚を究める

2020/1/7

SUSHIの歴史と発展

寿司が日本に誕生したのは、1200年以上前。 710~794年、現在の奈良市にある平城京に都が置かれた奈良時代にはすでにあったようです。 川魚を塩と飯で漬け込み熟成させる「なれずし」がはじまりでした。 その元をたどれば東南アジアの山奥で、手に入りにくい魚を長期保存する手段として発達したもので、稲作文化と共に中国から伝わったとか。 平安時代における寿司 鮨は『今昔物語集』に登場します。 鮨売りの女が酔いつぶれて、売り物の鮨桶の中に嘔吐してしまったので、あわててかき混ぜてごまかした。 藤原朝成は肥満に悩み、医 ...

ReadMore




よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、ふと疑問に思うことがありました。 魚を焼いた時に表面に現れる白い塊 ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

投稿日:

Copyright© HICO'S BLOG , 2020 All Rights Reserved.