セールスライティング

『セールスコピー大全』大橋一慶著(リードコピー&ボディコピー編)

売れる文章が書けるようになりたい。

そんな方におすすめの書を紹介しています。

この本を読んだその瞬間から、あなたの文章も売れるようになります

こちらがその本。
セールスコピー大全 見て、読んで、買ってもらえるコトバの作り方 [ 大橋一慶 ]

キャッチコピー編はこちらをご覧ください。

『セールスコピー大全』大橋一慶著(キャッチコピー編)売れる文章が書けるようになりたい。 そんな方におすすめの書があります。 これまで読んだセールスライティングの中でも群を抜いて...

今回は<リードコピー&ボディコピー編>です。

Contents
  1. 『セールスコピー大全』の要点まとめ(リードコピー&ボディコピー編)
  2. ボディコピーの書き方
  3. 売れるオファー
  4. 読みやすくするレイアウトと装飾
  5. 売れるセールスコピーの型

『セールスコピー大全』の要点まとめ(リードコピー&ボディコピー編)

詳しくは本を読んでいただければと思いますが「これは抑えておきたい!」とメモしておいたことを、まとめています。

リードコピーの役割

キャッチコピーが最初の一文を読ませるためのAttention「注意喚起」なら、リードコピーはInterest「興味・感心」です。

リードコピーの書き方①キャッチコピーをさらに強化する

キャッチコピーと別のベネフィットを伝える
社会的証明や権威を伝える
キャッチコピーをさらに詳しく語る

方法②続きが知りたくなる内容

方法③魅力的なオファー

ボディコピーの書き方

5つの法則

1.「1対多」ではなく「1対1」を意識する
2.「私」ではなく「あなた」
<例>私はこれができます、ではなく、あなたはこうなります、と語る!
3.伝えたいことは1つに絞る
4.長ければよいものではない
5.「わからせる」ではなく「気づかせる」

プロが必ず盛り込む2つのルール

続きが知りたくなる流れ
購入意欲を育てる流れ

ボディコピーを書く方法

①読み手との共感

ターゲットの悩み、欲求、価値観、経験に共感
好感を持ってもらえるように努める
締めくくりは続きが気になるように

②問題提起と解決条件の提案

読み手が自ら商品の必要性に気づく為の仕込み
「教えてくれてありがとう」といってもらえるように有益な情報を提供

③具体的な解決策の提案

提案する商品・サービスが最高の解法であることを証明する

商品開発秘話

①開発するキッカケ
②苦難の道のり
③成功(苦労の末ようやく完成)
④ベネフィットの訴求・・・
キャッチやリードコピーで語り切れなかったベネフィットをすべて語る
箇条書きで具体的に書く
⑤クロージング

成功のポイント

①今すぐ申し込むべき理由を作る
②リスクリバーサル・・・保証、サポート、お試し期間など
③商品の正当性

説得力を高める技術

1.客観的な事実を語る・・・私ではなく、あなた
2.具体的に語る・・・数字を使う
3.読み手の確信に入り込む・・・
読み手の不安、リスクを取り除いてあげる
読み手の言葉、表現で語る
4.証拠を見せる・・・結果、実績、ビフォーアフター、社会的証明、権
5.リンゴとみかんを比べる
①他の商品ジャンルと比較
<例>毎月フォトフェイシャルに通うと年間20万⇒この美顔器なら5万円でなんどでも
②ベネフィットの価値(手に入るもの)と比較
<例>この医療器は安くありません⇒従来の機器よりも検査スピードが3倍速くなるので、今より多くの患者さんに対応できる
③ベネフィットの価値(節約できるもの)と比較
<例>この医療器はやすくありません⇒従来の機器よりも検査スピードが3倍速くなるので検査スタッフの人件費を削減できる
6.3つの理由・・・2つでも4つでもなく、3つというのは心に入りやすい
7.三段論法・・・
AはB、CはA。だから、CはB
8.1文字も無駄にしない
似てる言葉は別の表現に
売上がアップする売れるブログの作り方⇒売上がアップする、ちょっとズルいブログの作り方
9.わざと欠点を語る

わかりやすく伝える技術

1.具体化+アホ化
避けた方が良い言葉
調べないとわからない熟語、ことわざ、漢字
外国語、方言
ターゲットが知らない専門用語

2.読み手が使う言葉で語る

3.漢字を減らす
漢字は30%、ひらがな70%の割合

4.一文を短くする

5.情報を視覚化する
言葉の説明が難しい時は図や画像、イラストで

6.イメージさせる
五感に訴える

7.箇条書きにする
たくさんのベネフィットを箇条書きで

8.割引表記の注意点
上代を表示し、どれだけ安くなったかわかりやすく伝える

9.チャートを使う

続きを読ませる技術

1.リズム感を高める
です。ました。を交互に。連続させない。
2.小見出しを効果的に使う
文章の圧迫感を減らす
飛ばし読みすtる人の注意をつかむ
第二のキャッチコピー
3.問いかける
ストーリーテリング

効果が高い3つの理由

①ストーリーは読まれる
②感情移入してもらえる
③記憶に残りやすい

欲しくなる3つの条件

①ターゲットが共感できる主人公
②V字型のストーリー展開

売れるストーリー構成

1.キャッチコピー
2.リードコピー
3.日常からどん底へ
– ①日常
– ②どん底に陥るキッカケ
– ③どん底スタート
4.どん底で経験したコト
5.成功を掴む
– ここまで商品は語らない
6.成功の秘訣を公開
7.ベネフィット
8.クロージング

売れるオファー

6つのタイプ

①価格オファー
– 割引
<例>他店より1円でも高ければさらに割引
②リスクリバーサル
– 購入後に考えられるリスクや不安を取り除く約束
– 満足できなければ全額返金
③特典オファー
– ポイントカード、今すぐ登録すると○〇プレゼント
④無料オファー
– 通常●●円をなんと無料で!
⑤時短オファー
– 見積もり30秒、24時間以内に対応
⑥利便性オファー
– お客さんが面倒なことを負担する。
<例>保険の一括見積、出張買取など

成功するオファー

①大胆でありえないオファー
②業界で初めてのオファー
③客の欲求を満たし、悩みや不安を消すオファー

読みやすくするレイアウトと装飾

ポイント1.読みやすくする

– 1.KISSを忘れない・・・Keep It Simple Stupid シンプルにしなさい
– 2.奇をてらったフォントは使わない・・・読みやすいフォントは、普段から見慣れてるフォント
– 3.カラフルにしすぎない
– 4.白抜きよりも、白字に黒字
– 5.行頭と行末を揃える
– 6.段組デザインを使う・・・横に長すぎるテキストは端から端まで目を動かすことが多くなり、読むストレスが増える
– 7.改行する
– 8.空白を使う

ポイント2.順序良く読んでもらえるように誘導する

– アイフローを意識する⇒Z型F型

ポイント3:読んでほしい箇所へ誘導する

– 1.四角枠で囲む
– 2.文章にメリハリを持たせる
– 3.目を留める画像・・・画像とコピーをかぶせる場合、文字だけを独立して読めるようにデザインを工夫する
– 4.キャプションで引き込む・・・画像下のテキスト(キャプション)には、広告本文に引きずりこむコピーを書く

広告効果を高める心理テクニック

1.松竹梅の法則

– 選択肢が多いと、選ぶストレスがある。2種類だと安いプランが売れる。ところが3種類だと真ん中のプランが売れる
– 高いのは無駄にお金を払うのでは?と考え、安いのは信用できない、顧客心理

2.返報性の法則

– 何かしてもらったら、返さなくてはいけない気になる
– 応用:ドアインザフェイス
– 相手が拒否するような大きな要求を提示し、断られたら小さな要求を提示

3.ザイオンス効果

– 接触回数が増える程、好意を抱きやすくなる
– メルマガやステップメール
– SNSの更新頻度を増やす
– ニュースレター、チラシ、リマーケティング

4.アンカリング

– 最初に印象付けられた数値がその後の判断に影響する心理

5.希少性の法則

– いつでも手に入るものは価値が低く、手に入りにくいものは価値が高いと思う心理

6.ウェブレン効果

– 価格が高くなるほど、価値を高く感じる
– 顧客が相場を分かってない場合

7.決定回避の法則

– 人は選択肢が多いと選べない
– 選択肢が多くなると失敗したくない気持ちが強くなる。必要以上に悩み、行動しないことを選ぶ。
– どうしますか?よりもどちらにしますか?

8.バンドワゴン効果

– 多くの人から選ばれている者に価値を感じる

9.売上が増える価格戦略

– 大台割れ価格
– ジャストプライス価格
– 気づき
– 何をどう描くか?ではなく、だれに何をいうのか?

商品認知度でコピーは変わる

①すでにその商品が欲しい人には、良い条件を売るコピーが効く
②どうしようかな?と迷っている人には、他との違いを売るコピーが効く。➡AIDCAS
③商品のことを知らないけど、何か良い方法はないかな?という人には優れた解決法を売るコピーが効く。➡PASONA

ベネフィットを考える際の質問

ということはつまり?なぜそれが必要なの?と問い続ける

新しいアイデアに気づく方法

「ご存じでしたか?」「実はこんな方法があるんです」という切り口でコピーを考えてみる
– 確認の取り方はあいてにかんがえさせるように
– 相手に「伝えましたか?」というより「伝わりましたか?」と聞く。

ブランディングとは

「○〇といえば?」と聞かれたとき、商品の固有名詞が出ることを目指す活動

ポジショニングとは

ブランディングに必要な差別化

マーケティングとは

売るのではなく、求める人を増やすこと

ライティングが進む3つの質問

①なぜ、その商品が必要なの?
②なぜ、その商品じゃないとだめなの?
③なぜ、今すぐ買ったほうがいいの?

難しいことをわかりやすく伝える方法

– 1.商品名を消す➡2.特徴や機能・メリットを消す➡3.うれしい未来だけを語る

ベネフィットファーストの文章術

– 「こんな特徴がある」+「だからこんなうれしい未来が手に入る」
– 「こんなうれしい未来が手に入る」+「なぜならこんな特徴があるから」

ベネフィットファーストの文章構成

①どんな人が、どうなるのか?

– うれしい未来を魅力的に語る

②それがかなう理由とは?

– 特徴やメリット、価値を証拠として語る

③最高の答えとは?

– 他ではなくこの商品がベストな理由

ペルソナを考える前に

下記、いずれか3つのタイプに絞り込んでから、ペルソナ設定をする。

①その商品がとてもほしい人なのか?
②検討中の人なのか?
③商品は知らないけどベネフィットは必要な人なのか?

コンサル、不動産、保険、リフォームなど、といあわせたらほぼ確実に営業される業種の場合、欠かせない一文

※弊社はお客様に不快を与えるような、しつこい勧誘や営業は一切いたしません

売れるセールスコピーの型

①キャッチコピー

– 読み手の注意を秒でつかむ
– Attention
– Probrem

②リードコピー

– 読む気マンマンにさせる
– Interest
– Agitation(煽り、共感)/Affinity(親近感)

③ボディコピー

– ベネフィットが叶う理由を語る
– Desire/Conviction(確信)
– Solution/Offer

④クロージングコピー

– 今すぐ申し込むべき理由を語る
– Narrow down

⑤レスポンスデバイス

– 申し込み方法は徹底して簡便に
– Action

⑥追伸コピー

– Sattisfaction
– 売れるコピーを書くコツ
– ①ターゲットを絞る
– ②彼らが求めることを知る
– ③それが叶う理由を魅力的に語る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セールスコピー大全 見て、読んで、買ってもらえるコトバの作り方 [ 大橋一慶 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2021/6/20時点)

楽天で購入

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!