高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

戦略とマーケテイング

よく読まれている記事

1

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

2

『人間学×マーケティング~未来につづく会社になるための論語と算盤~』(神田昌典・池田篤史/致知出版社)を読みました。 非常に厳しい時代に入ったと感じます。 神田氏は次のように断言してる。 今のうちに「 ...

3

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

サービス哲学 戦略とマーケテイング

100年持続する仕組みづくり

2019/6/23  

100年持続するためには、当たり前のことですが、100年、お客様に来てもらわなくてはいけません。 100年、お客様に来てもらうために欠かさずやろうと思っていることは、頂いた縁を大事に大事にすることです ...

戦略とマーケテイング 開業準備

勝てるビジネスモデルを作る

2019/6/20  

ビジネスモデルとは何か? ビジネスモデルは、利益を生み出す仕組みのこと。 その仕組みが、真似されにくく、独自のものであるほど、収益性も高くなります。 事業は、このビジネスモデルにより8割が決まってしま ...

戦略とマーケテイング

スターバックスの集客モデルに学ぶ

2019/6/11  

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

戦略とマーケテイング 料理とワインについて

料理の価値を高めるための10のチェックリスト

2019/6/8  

料理を作る。 それは、とても尊い仕事です。 禅寺では、料理人を「典座(てんぞ)」といってとても高い役職につけています。 典座には、修行経験が深く信任のある僧が任命されてきたそうです。 食は、人の生命を ...

戦略とマーケテイング

飲食店が押さえておくべき、4つの消費タイプ

2019/6/5  

人がモノを買う動機には様々な理由がありますが、消費の種類というと4つに分けられます。 1.安いから買う 2.高いから安心、信頼がおける 3.モノではなく、コトを買う 4.自分らしさを買う これは、石原 ...

戦略とマーケテイング

売り込まない集客

2019/5/30  

どんなビジネスでも、お客さんがいなければなりたちません。 お客さんの集まりが、いわゆるマーケットで、その大小は、お客さんの数と単価、それとリピート率で決まります。 これは、飲食店における売上構成と同じ ...

戦略とマーケテイング

モノはなぜ売れるのか?

2019/5/12  

モノはなぜ売れるのか? 飲食店の場合は、料理、サービスはなぜ売れるのか? 多くの人はこう答えます。 いいモノが売れる。 おいしい料理、良いサービスが売れる。 でも、実際は、いいモノが必ずしも売れてはい ...

サービス哲学 戦略とマーケテイング

飲食店が勝ち残る戦略とは?

2019/5/6  

私が10年勤めたレストランはかなりの人気店でした。 客単価は5500円。 12月の繁忙期にもなると30坪1店舗で月商1000万を超えたこともあります。 時々、当時のお客さんに言われたことを思い出すこと ...

戦略とマーケテイング

時間を作りだせないと、潰れる

2019/4/21  

淘汰の時代。 拡張していく時代においては考えなくてもよかったものが、人口減少・少子高齢化社会においては、考えておかないと淘汰される危機に直面しています。 現状の売上を創るのに必死ですと、先手を打てなく ...

戦略とマーケテイング

独自の4ステップマーケティング

2019/4/15  

4ステップマーケティングとは? 4ステップマーケティングは、経営コンサルタントの石原明氏が提唱したマーケティング手法です。 そのフローはいたって、シンプル。 集客⇒見込み客フォロー⇒販売⇒顧客化。 2 ...

その他、雑感・雑学 戦略とマーケテイング

飲食店は10年後、どうなっていくのか?

2019/4/12  

驚異の閉店率 ご存知でしたか? 開業して3年、持続できる飲食店は50%。 5年となると70%のお店が閉店します。 これは、2013年~2018年の統計データですが、これからは下の3つの理由により、ます ...

戦略とマーケテイング

マクドナルドはなぜV字回復したか?

2019/4/9  

マクドナルドが地獄を見ることになったきっかけは、2014年7月のことでした。 期限切れの鶏肉使用問題が発覚したのです。 当時、映像を見た時はぞっとしました。 色の変わった、鶏肉。 床に落ちた鶏肉を平気 ...

no image

戦略とマーケテイング

マーケティング4.0とは?

2019/3/22  

マーケティングを学んでいる人で、フィリップ・コトラ―氏を知らない人はいないでしょう。 コトラ―氏は、アメリカ・ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院教授で、マーケティングの基礎を築いた方です。 マーケ ...

人間学 戦略とマーケテイング

人間学×マーケティング

2019/3/19  

『人間学×マーケティング~未来につづく会社になるための論語と算盤~』(神田昌典・池田篤史/致知出版社)を読みました。 非常に厳しい時代に入ったと感じます。 神田氏は次のように断言してる。 今のうちに「 ...

その他、雑感・雑学 戦略とマーケテイング

神田昌典・全国縦断『2022』講演ツアー感想

2019/2/26  

神田昌典氏からは多くの刺激と学びと、気づきを得させてもらってます。 今年、講演にはじめて参加しました。 その感想をシェアします。 Problem(問題) 冒頭。 会場の照明が絞られ、大きなスクリーンに ...

no image

戦略とマーケテイング

戦略を絵にしていくとこうなった

2019/2/14  

戦略マップを描くということを私なりの方法論でやっています。 戦国武将が戦略を練るように、目標を数値化し、落とすべき目標を城に見立てるのです。 https://hico2019.com/strategy ...

戦略とマーケテイング 理念とコンセプト

飲食店のインバウンド市場

2019/2/11  

今年2019年は、ラグビーワールドカップ、2020年は東京オリンピック、2025年は 大阪万博。 その始まりとなる今年は、インバウンド市場が盛り上がる重要な年です。 飲食店においても受け入れ体制をどう ...

戦略とマーケテイング

カルツォーネを孫子の兵法でビジネス分析

2019/2/2  

カルツォーネ専門店の可能性 当レストランの構想をスタートさせた2017年。 石窯カルツォーネを各メニューにしようかと真剣に考えていました。 その可能性を捨てたわけではないのですが、あらためて当時の記事 ...

no image

その他、雑感・雑学 戦略とマーケテイング

ブルーオーシャン

2018/12/12  

  競争相手のいない市場、未開拓でありながら広がりのある市場を、ブルーオーシャンといいます。 対して、競争が激しく、限られたパイを奪い合う市場をレッドオーシャンという。 飲食店は、参入が簡単 ...

戦略とマーケテイング

飲食店はコラボが成長のテーマ

2018/11/10  

異業種とのコラボ、というのは前々から、企業戦略のテーマのひとつとなっていました。 発送の転換、見る角度を変えることにより、可能性は開けます。 たとえば、美容院と眼鏡屋さん。これは実際に、眼鏡ブランド「 ...

no image

戦略とマーケテイング

脳の進化は3段階

2018/11/6  

  脳科学には、前々から興味があり、学んでいました。 誰もが持っている物質でありながら、脳は、物質でないものを生み出します。 想像、想い、愛情、、、 脳は3つの部分から成り立っています。 1 ...

no image

戦略とマーケテイング

ホームページ移行した目的

2018/10/31  

2017年1月4日に立ち上げたホームページですが、 思うところがあって、2018年9月初旬から準備を始め、10月29日に 移行が完了しました。   以前は、webnodeというCMS(ホーム ...

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.