理念とコンセプト

東京・高尾のグランピングレストラン

グランピングレストラン

新しいジャンルのレストランが、私が考えているレストランです。

これまで、試行錯誤してきました。

アウトドア・レストラン?・・・これでは、顧客がしぼられすぎる。

キャンピング・レストラン?・・・もっと、絞られる。

グラマラス・レストラン?・・・イイ。でも、抽象的すぎる。

グランピング・レストラン?・・・最も、しっくりくる。

 

目的は、100年持続すること。

100年持続するレストランを創るのが私の使命。

これまでに出会ったすべての人の「縁」と「恩」に、感謝を込めて。

人生最良の美味しいひと時をお過ごしいただきたい。

これが、当レストランのコンセプトです。

 

目標は、2021年の開業

2021年の開業を目指し、2017年から動き出しました。

当時は、借金500万。未だ、その多くを残したままなので、かなりピッチを上げないと追いつきません。

目的も使命もはっきりしてる。

しかし、その実現度はまだ低い。

悲観的に準備する

これから日々、積み重ねていくのは、ひたすら準備です。

どちらかというと楽観的な性格の私は、あまり計画的に、用意周到な準備をしてきませんでした。

「なんとかなるでしょ。」

これまでは実際、そうなってきた。

でも、成し遂げようとすることは、この姿勢の延長にはない。

そう感じるようになってきたのです。

この大雑把さ、漠然とした感覚を正さない限り、目的は果たせない。

悲観的に準備を進めないとダメです。

だから今年設けたテーマは3つ。

1.数値管理をする⇒根拠をはっきりさせる

2.セールスを強くする⇒コミュニケーション力を高める

3.相手を知る⇒人に関心を持つ

恥ずかしながら、どれも苦手意識を持っていたことです。

それを克服すると決めました。



真似の出来ない独自性

2017年、当レストラン構想当初から、これだけは徹底しよう!

と決めていたのは、独自性です。

AI(人工知能)やロボット産業が日に日に、発達している中で、誰もが出来ることでは価値がありません。

人間にしか出来ないことを、突き詰めるべき。

その中でも、簡単に真似の出来ない、技術、知識、人間力を持たないと100年持続はできない。

料理、サービス、雰囲気、ロケーション、演出、メニューブック、コンセプト。

独自性をどれだけ多く持たせられるか。

それらをかけ合わせることが出来るほど、他の追随を許さない独自性が確立できる。

そう考えています。

東京、高尾山の麓で開業する理由

高尾山は世界一登山客の多い山です。

訪れる人は、年間260万人以上。

また、今後、高尾山への交通の便は非常に良くなります。

2020年に圏央道の全線開通し、2025年にはリニア中央新幹線が開通するのです。

どちらも、高尾山を訪れるには、好条件。

それだけではありません。

働き方改革や、労働環境の変化、インターネットを活用することにより、どこにいてもビジネスができるようになってきて、都会離れも一方で始まっています。

高尾は自然もあり、都心へのアクセスも良く、住宅環境も良い。

移住する人が増えていくと思います。

しかしこれらは、高尾で開業する理由の一部であり、すべてではありません。

最も大きな理由は、高尾山に私の原始的な幸福の記憶が残っているからなのです。

執着するのはよくないかもしれませんが、子供の頃。

山頂で食べた、柔らかいおにぎりの味が忘れられません。

あの感動を超える、人生最良の美味しい記憶はないのです。

それをお客様に再現したいというのが極めて個人的な理由です。

 

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!