理念とコンセプト

大切にしたい原風景

私は、山の中腹に立つ神社やお寺だとかに妙に惹かれます。そこから見下ろす風景が、深い記憶、その意味も感情も解せぬほど漠たるものではあるのですが、心がすっと落ち着くのです。

高いところからの景色が好きなのかというと、そういうわけではありません。48階のレストランから見下ろす街の景色は、さほど揺さぶられない。雲の上を行く飛行機から見る地上は、恐怖さえ覚えます。

おそらく古い寺社仏閣の落ち着いた色調と、木々の緑、見下ろす町並みの色調が小さい頃に感激を覚えた原風景と通っているからではないか、と近頃思うようになりました。それはもしかすると、高尾山の風景ではなかったか。それとも、もっと生まれる前の記憶か。

人生最高の美味しい記憶

以前書きましたが、人生最高の美味しい記憶は、高尾山山頂で食べた「おにぎり」でした。あれに勝るほど記憶に残る味は、他にありません。

>>>美味しさの構造

もしかしたら同じように、幸せな記憶というものは、あの高尾山山頂や、帰り道で見た、景色ではなかったのか。

私は北から南まで、一つ所に留まることなく暮らしてきましたがそれらの土地で、いつも吸い寄せられるように訪れるのは、山の中腹から町を見下ろすようなところでした。

振り返れば、本当にそうです。

学生時代、悩み事があり、スクーターを走らせていった先は、高台にある公園。レストランに勤め慌ただしい日々の心を落ち着けるために訪れたのは、山の中腹にある寺。そこの伽藍堂から町を見下ろし、2時間でも佇んでいました。

今も、訪れたくなるのは、そんなところ。

でもそれは、私だけではないと思っています。なぜなら、私と同じように、こころを落ち着かせようと来ている人をよく目にするからです。大切にしたい原風景です。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、ふと疑問に思うことがありました。 魚を焼いた時に表面に現れる白い塊 ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-理念とコンセプト

Copyright© HICO'S BLOG , 2020 All Rights Reserved.