理念とコンセプト

店名について

当初、店名は『HICO』でした。

溶岩焼とカルツォーネの店HICO。HICO(ヒコ)なら2文字で覚えやすいし、良いのではないかと思いましたが、最近、いや、ずっとかもしれません、それでいいのか?という思いがあります。

100年持続するお店としてそれは適正なのか。

実は、今はなき、大好きだったお店の名前を譲り受けたいと思っているのです。正式に許可をもらえるまで、公表できないのですが、私がもっとも大好きなレストランの名前です。もうこの世に、存在しませんが、たぶん、いまもまだ、多くの人の思い出の中にあるのではないかと思います。

そんな、記憶に残るレストランを作りたいのです。

私の中で、そのレストランを超える存在に、出会うことはないでしょう。だからこそ、その名前を継ぐことが出来たら、と思うのです。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!