スポンサーリンク

理念とコンセプト

グランピングレストラン

投稿日:

私が作ろうとしていたレストランは、高級レストラン×アウトドアで、

グランピング(ホテルのように設備の整ったキャンプ)とも違う、食事がメインで、一生記憶に残る独自サービス、演出が売りのレストランでした。

東京にあって、登山客世界一という高尾山の麓に立てようと考えていた。

それがレストラン構想のスタートでしたが、いまは、明確に宿泊も可能な施設にした方が良いかなと、思っています。

理由は、高尾山周辺に、ラグジュアリーホテルや、富裕層がくつろげるような施設がないから。

ないということは、需要がないということ、なのかもしれません。

でも、調べれば調べるほど、あったらいいな、と思えてきます。

高尾山の麓は景観も良く、人もひっきりなしに訪れてくれます。100年持続する為の環境は揃っている。

ホテルサービスはしない

でも、至れり尽くせりのサービスができるかというと、不可能です。

理由は、ホテル経験もなければ、コストもかかり、人手もいります。私は極力、コンパクトに、少人数でも能力の高い人で運用していける組織づくりをしたい。

だから、完全なホテル業でなく、設備は整えておき、メインはあくまでもレストランに使用としたいなと思っているのです。
そこで、グランピングです。

グランピングは、ホテル並みに設備の整ったキャンプ。

食事は、一生忘れない美味しい記憶をお作りさしあげて、あとは施設を貸し出して、好きにやってもらいます。あくまでレストランがメイン。泊まりは、オプションとして用意しますが、結構、需要があると思っています。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-理念とコンセプト

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.