スポンサーリンク

理念とコンセプト

キャンピング×レストラン

投稿日:

資金のことや、戦略や、使命など堅苦しいことはなしで、気軽に想像していました。HICOの構想イメージには、グランピング×レストランというモチーフがありましたが、カジュアル路線でいくならば、キャンピング×レストランというのも面白いかもしれません。

キャンピング×レストラン

キャンプの醍醐味のひとつは、自然豊かな気持ち良い環境の中で肉や野菜を焼いて皆で楽しく食べること。焼き台は溶岩焼でいいでしょう。客席は、テントにします。

こちらでは料理としての提供が少ない分、カジュアルに提供できる。それでもスペシャリテ、看板メニューは用意したいですね。やっぱりカルツォーネ。

ほとんどの料理は、お客様ご自身で焼いていただくものです。ただ、バーベキューとは一線を画す。手の込んだ内容です。

ニジマスを放流

敷地の真ん中には川が流れていて、そこにはニジマスを放流します。もちろん、釣りできる。釣った魚は食べるか、買い取るか。食べ方は自分で焼くか。塩焼きでは普通すぎるので、選択肢でムニエルもできるようにしたらいいかもしれません。

ムニエルセットのような、鍋とバターと白ワインを渡してあげて、溶岩焼の上で作ってもらいます。

いいですね、私は行ってみたい。そんなレストラン。

しばらく、自由に発想を拡げていこうと思います。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、ふと疑問に思うことがありました。 魚を焼いた時に表面に現れる白い塊 ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-理念とコンセプト

Copyright© HICO'S BLOG , 2020 All Rights Reserved.