理念とコンセプト

グランピング・レストラン

宿泊施設を兼ね備えるかどうか検討する

『溶岩焼とカルツォーネの店HICO』は東京高尾にOPEN予定です。

以前、宿泊も兼ねるかどうか考えました。

>>>レストランとアウトドアの融合

というのも、高尾山周辺は、ラブホテルはありますが、落ち着いた旅館や良い感じのホテルは皆無。オーベルジュもありません。

高尾山に登り、温泉で身体を休めて、HICOで人生最良の美味しい記憶をお作りできたら、最高です。温泉は、HICOに作らなくても、「」施設があります。

グランピング×レストラン?

HICOの当初のイメージコンセプトは、アウトドア×レストランでした。

宿泊はリスクが高いような気がして、避けていたからです。ただ、キーワード・イメージとしては、グランピングがありました。

>>>カルツォーネを「孫子」で分析する②

グランピングとは、「グラマラス」×「キャンピング」をかけ合わせた造語で、ラグジュラリーなアウトドアキャンプをいいます。HICOではそれをヒントに、コース料理のメインで場所を移動して頂いて、外で肉を焼いてもらおうと計画したのでした。

それが溶岩焼です。火を起こして、そこに大きな溶岩プレートを載せ、Tボーンステーキを焼いてもらいます。

>>>Tボーンステーキについてはこちら

これは、文句なしに美味しいです。その空気感、周囲の自然や、レストランの外観、ぼんやりと照らされる照明の灯り。きっと、忘れられない思い出のひとつにできると確信しているのです。

宿泊してもらう場合

さて、レストランがメインであることに変わりはありませんが、宿泊を兼ねた場合、考えなくてはならないことが色々あります。

たとえば、朝食はどうするか?温泉はいいとして、シャワーを浴びれるようにするのか、何人まで受け入れできるか。夜の管理はどうするのか。トラブルがあった場合、どう対処するのか。などなど。

ただ、宿泊してもらう場合、遠方から来るお客様や観光客からしたら、とても有り難いサービスだと思います。家族でラブホテルには泊まれないし、八王子まで戻るのも面倒。せっかく豊かな自然と、美味しい空気、静かな環境があるのですから、ここで泊まることができたら最高です。ワインだって、思う存分のめます。

ということで、これから調べながら、検討していきたいと思います。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!