スポンサーリンク

理念とコンセプト

グランピング・レストラン

投稿日:

宿泊施設を兼ね備えるかどうか検討する

『溶岩焼とカルツォーネの店HICO』は東京高尾にOPEN予定です。

以前、宿泊も兼ねるかどうか考えました。

>>>レストランとアウトドアの融合

というのも、高尾山周辺は、ラブホテルはありますが、落ち着いた旅館や良い感じのホテルは皆無。オーベルジュもありません。

高尾山に登り、温泉で身体を休めて、HICOで人生最良の美味しい記憶をお作りできたら、最高です。温泉は、HICOに作らなくても、「」施設があります。

グランピング×レストラン?

HICOの当初のイメージコンセプトは、アウトドア×レストランでした。

宿泊はリスクが高いような気がして、避けていたからです。ただ、キーワード・イメージとしては、グランピングがありました。

>>>カルツォーネを「孫子」で分析する②

グランピングとは、「グラマラス」×「キャンピング」をかけ合わせた造語で、ラグジュラリーなアウトドアキャンプをいいます。HICOではそれをヒントに、コース料理のメインで場所を移動して頂いて、外で肉を焼いてもらおうと計画したのでした。

それが溶岩焼です。火を起こして、そこに大きな溶岩プレートを載せ、Tボーンステーキを焼いてもらいます。

>>>Tボーンステーキについてはこちら

これは、文句なしに美味しいです。その空気感、周囲の自然や、レストランの外観、ぼんやりと照らされる照明の灯り。きっと、忘れられない思い出のひとつにできると確信しているのです。

宿泊してもらう場合

さて、レストランがメインであることに変わりはありませんが、宿泊を兼ねた場合、考えなくてはならないことが色々あります。

たとえば、朝食はどうするか?温泉はいいとして、シャワーを浴びれるようにするのか、何人まで受け入れできるか。夜の管理はどうするのか。トラブルがあった場合、どう対処するのか。などなど。

ただ、宿泊してもらう場合、遠方から来るお客様や観光客からしたら、とても有り難いサービスだと思います。家族でラブホテルには泊まれないし、八王子まで戻るのも面倒。せっかく豊かな自然と、美味しい空気、静かな環境があるのですから、ここで泊まることができたら最高です。ワインだって、思う存分のめます。

ということで、これから調べながら、検討していきたいと思います。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-理念とコンセプト

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.