スポンサーリンク

理念とコンセプト

なぜお客様はレストランHICOを利用するか?

投稿日:

レストラン開業にかける価値

飽和状態の飲食店。本当にやる価値があるのか。。。絶えず、問い続けないといけないと思います。

100年続くレストランを創る。

ということは、100年、お客様に支持され続けなければ続かないということ。

飲食店の廃業率は半端じゃありません。

3年以内に7割が潰れます。10年続くお店はなんと1割といいます。

全国の飲食店の件数はご存知ですか?

67万件です。コンビニが5万5千件ですから、12倍も飲食店の方が多いわけです。

日本の2016年度の世帯数は約4906万。それを単純に飲食店の件数で割ると、73世帯になります。

1店舗当たり73世帯という計算になるのですが、私はこの統計を調べてみて、頭を抱えてしまいました。

1世帯あたり平均2.4人として、175人です。たとえば175人のお客さまが月2回、来てくださったとしても350人。月間22日営業なら、1日の来店数は16人・・・

市場はレッド・オーシャン!?

まさに、熾烈な競争が見込まれます。もちろん国内のお客様だけではないとしても、限られたパイを奪い合うことに変わりない。それをする価値が本当にあるのか?と思ったのです。

結論は、もちろん「ある」です。

でも、まだ、説得できるだけの材料がありません。ただ、100年続くレストランにしようと思った時、やってはいけないことは強烈に意識します。それは、いうまでもなく、お客様を裏切らないこと。私が昔、通っていたバーで教わったことがあります。

世の中には絶対に期待を裏切っちゃいけない職業が2つある。それは医者と、バーテンダーなんだと。

気障だけど、ちょっとシビれましたね。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-理念とコンセプト

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.