料理とワインについて

魚卵のパスタ

シチリアでは、魚卵をパスタと和える文化があります。

現地ではサバやマトウダイなどの卵を使ったものが定番。

実は、たらこスパゲッティの原形になりました。

レシピ

フライパンに少量のオリーブオイルを入れて、エビやイカ、タコ、もしくは貝類などを炒め、白ワインでアルコールを飛ばす。

あさりの出汁、イタリアンパセリ、プチトマトを加え、水分が半分になるまで煮詰める。

茹で上げたパスタ(フェットチーネや1.7mm以上の太めのスパゲッティが良い)を加え、魚卵、あれば魚醤、バター、ニンニクオイルを入れ、フライパンを振り、水分と油分を撹拌して乳化させる。

これで完成。

ニンニクを効かせたければ、エビなどを炒める時にみじん切りしたニンニクを加えても良いし、あさりの出汁がなければ、水でも構いません。

もちろん、レストランで提供するには細部までベストを追求しますが、この料理の本質は、魚の卵をソースにして、パスタと和えること。

魚卵をソースにするための水分と油分を上手に乳化されば良いのです。

 

料理の文化って、ほんとうに楽しいですね。その地域の特色がもろに出ます。基本的に、その土地で捕れる食材の組み合わせです。

ワインとの相性もその考え方に忠実で、その土地の料理にはその土地のワインを選ぶと大きく外れません。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!