料理とワインについて

持続性のある食材で料理する

 

突然ですが、フォアグラは好きですか?

味は好きです。でも、あまり食べようとは思いません。また、すすんで提供したいとも思わないのです。

理由は、人為的に太らせた肝臓であり、持続性があると思えないからです。

100年続く持続型レストランを作るのですから、使ってる食材は持続性があるのか?

そこをしっかり考えないと、コンセプトを保てません。

 

食材は有限資源である

私たちが口にする食材は、そのほとんどが有限です。

肉も魚も養殖はできますが、無限に生まれてくるものではない。

すでに、73億人を突破した世界人口は、地球の資源が賄える限界に近づいています。

人類は地球の持続可能なレベルを5割も上回るペースで資源を消費している。

野菜を育てる

敷地内で野菜を育てることは、やりたい、というより、資源の問題から、やらなくてはいけないことかなと思っています。

その中で、特徴を持たせることが出来たら良い。

5つ候補を挙げると、じゃがいも、ルッコラ、バジル、なす、にんにく。

多様な料理に使えて、育てやすいときいてるからです。

 

ABOUT ME
HICO(ぞろ屋)
バーテンダー➡料理人➡シニアソムリエ➡飲食店運営➡トップセールス・マーケター➡WEB制作/ECサイト運営/WEBライティング。 幅広い経験とスキルを活かしデザイナーやエンジニアでは作れない持続性のある戦略的サイト構築が得意。実はコンテスト受賞経験もあるシニアソムリエとしての顔も持つ。
大きな時代の変革期、負けない戦略はありますか?

世はまさに明治維新前後のような大変革期。人生も、ビジネスも『負けない戦略』が必要不可欠の時代となりました。

HICO’S BLOGでは、小規模ビジネスのための勝てるホームページ制作や売れる仕組み作り、ビジネスモデル・マーケティングなど、時代の流れにも競合他社にも【負けないコンテンツ】を忘備録としてとどめています。

ニュースレターでは<月に一度>当ブログコンテンツを定期的に配信していますので、ぜひあなたのビジネス、人生にお役立てください。