料理とワインについて

高尾で極上海鮮が食べれる

高尾で極上海鮮が食べれる

海から遠い高尾で、新鮮な海鮮が食べれる唯一のグランピングレストラン

といっても、あまり需要はないかもしれませんね(笑)

なぜなら、高尾山に観光にくる人は、高尾山名物を食べたいでしょう。

たとえば蕎麦とか、山菜とか、団子とか、せんべいとか。

でももし仮に「高尾で新鮮で美味しい海鮮料理を食べたい」という需要があるとすれば?

高尾周辺で暮らす人にその可能性がありそうです。

高尾周辺で暮らす人に向けて

当店の大きなコンセプトはほぼ、決まってます。

グランピングレストラン、というまだ確立されていないスタイル。

でも、予約制にするか、客席数をどうするか、単価等、構想はあるものの完全に決めていません。

年間260万人(1日約7,200人)という高尾山を訪れる観光客を狙うのか。

それとも、1,467世帯2,907人(2017年)という高尾町に暮らす人に向けて準備するのか。

はたまた、もっと広範囲に562,036人(2018年)という八王子市に暮らす人に向けて準備するのか。

それ次第でも、具体的にどうするか?は変わります。

極上海鮮、魚料理を提供する意味

ただ、魚料理は、当店の強みのひとつです。

独自の仕入れルートも人脈もあります。

それを活用しないのはもったいない。

そしておそらく、需要があるかは別にして、新鮮な海産物や魚料理を食べれるお店は多くない。

海から離れた高尾で、美味しい魚貝が食べれるとしたら、魚料理が大好きな私が高尾住民なら、とても嬉しい。

これは、構想のひとつですが、検討していきたいと思います。

 

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!