高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

スポンサーリンク

料理とワインについて 魚を究める

高尾で極上海鮮が食べれる

投稿日:

高尾で極上海鮮が食べれる

海から遠い高尾で、新鮮な海鮮が食べれる唯一のグランピングレストラン

といっても、あまり需要はないかもしれませんね(笑)

なぜなら、高尾山に観光にくる人は、高尾山名物を食べたいでしょう。

たとえば蕎麦とか、山菜とか、団子とか、せんべいとか。

でももし仮に「高尾で新鮮で美味しい海鮮料理を食べたい」という需要があるとすれば?

高尾周辺で暮らす人にその可能性がありそうです。

高尾周辺で暮らす人に向けて

当店の大きなコンセプトはほぼ、決まってます。

グランピングレストラン、というまだ確立されていないスタイル。

でも、予約制にするか、客席数をどうするか、単価等、構想はあるものの完全に決めていません。

年間260万人(1日約7,200人)という高尾山を訪れる観光客を狙うのか。

それとも、1,467世帯2,907人(2017年)という高尾町に暮らす人に向けて準備するのか。

はたまた、もっと広範囲に562,036人(2018年)という八王子市に暮らす人に向けて準備するのか。

それ次第でも、具体的にどうするか?は変わります。

極上海鮮、魚料理を提供する意味

ただ、魚料理は、当店の強みのひとつです。

独自の仕入れルートも人脈もあります。

それを活用しないのはもったいない。

そしておそらく、需要があるかは別にして、新鮮な海産物や魚料理を食べれるお店は多くない。

海から離れた高尾で、美味しい魚貝が食べれるとしたら、魚料理が大好きな私が高尾住民なら、とても嬉しい。

これは、構想のひとつですが、検討していきたいと思います。

 

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-料理とワインについて, 魚を究める

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.