料理とワインについて

消えたカルツォーネ専門店

カルツォーネを店の看板メニューに据えようと考えていました。

2年前リサーチをしたところ、カルツォーネ専門、もしくは看板メニューにしているお店は3軒見つけてます。

[st-card id=635 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

ところが、その3軒中2軒は閉店。

もう1軒もすでにカルツォーネから撤退しているようでした。

替わりに、「カルツォーネ 専門店」で検索すると、こちらのお店が出てきます。

https://tukipoke.amebaownd.com/

カルツォーネは流行らないのか?

カルツォーネというのは焼きあがった時のインパクトと、中に何が入っているのかワクワクさせる期待感が魅力のピザです。

餃子のように、具材をピザ生地でくるんで焼き上げる料理で、具材はソーセージやトマト、チーズが定番。

小さく焼けば、パニーニやサンドイッチのような軽食になるし、大きく焼けばインスタ映えします。

だから流行らそうと思えば、簡単なんじゃないかな・・と思っていたのですが、実際はそうもいかないのでしょうか。

高尾カルツォーネ

高尾山の麓で作るなら、山頂にも持っていけるように考えようと思っていました。

サイズは小さめで、出来るだけかさばらないパッケージを用意して、登山の邪魔にならない工夫をすれば、面白いかもしれません。

特に女性には楽しんでもらえるよう、ピザ生地にホウレンソウやバジルを混ぜて緑色の生地にしたり、逆にイカ墨を混ぜ込んで、まっくろの爆弾のようなスタイルにしてみたり。

アイデアは蓄えていたところです。

ネーミングはずばり「高尾カルツォーネ」。

高尾産の新名物になるよう仕掛けておきたいと思っていました。

国内にほとんど専門店もなく、あまりメジャーではないなら、チャンスです。

カルツォーネで抜きんでたら、日本のカルツォーネ代表をはれる(笑)

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!